男性とのデート、せっかくなら思いっきり楽しみたいですよね。

それは男性も同じです。男性に幸せを感じてもらうにはどうしたらいいのでしょうか?

今回は、「デートで男性に幸せを感じさせられる女性の特徴」をご紹介します。

楽しいデートで♡男性に幸せを感じさせる女性の特徴

「どこでもいい」「なんでもいい」は禁句

「こっちが行こうって言った場所だけじゃなくて、自分も行きたい場所があるんだけどって言ってくれると嬉しいかな。

お互いに自立している感じがするし、そういうのがないと女性が本気で楽しんでくれているのかわからなくて不安になるから」(29歳男性/コンサルティング)

デートプランを決めるとき、「どこ行きたい?」「なにしたい?」の質問にきちんと答えていますか?

「どこでもいい」「なんでもいい」と言われた側は、相手が本気で楽しみにしてくれているのか不安になるものです。

逆に、自分から「ここに行きたい」「これしたい」と言った方が、男性も喜びますよ。

デートプランは男性が考えるなんてルールはありません。一緒にデートプランを考えていった方が楽しさもひとしおです。

デートの予習をしていく

「デートに誘ってデートプランを提案したときに、それを自分でもチェックしてくれてリアクションをくれる子は点数が高いです。

全部男に任せきりじゃないってところが良いですね」(31歳男性/不動産)

デートプランを考えるのは男性の役割と決めつけていませんか?

もちろんリードしてくれる男性には素直に従うことも重要ですが、完全に相手まかせになっては相手をうんざりさせることも。

「○○に行こう」と言われたら、最低限自分でもチェックしてワクワクしていることがわかるように、リアクションを返しましょう。

当日、自分の楽しみ方も変わってくるはずですよ。

待ち時間も会話を楽しむ

「食事のときとか、どうしてもデート中って待ち時間ができちゃうでしょ。そういうときにも話を途絶えさせないでくれる配慮があると幸せです。

こっちからばかり話を振るのは疲れちゃうし。待ち時間が長くて不機嫌になるとかは論外です」(36歳男性/自動車)

遊園地の乗り物待ちやレストランの料理待ちなど、意外にもデート中に多い待ち時間。

待ち時間にうんざりして黙り込んだり、イライラしたりしては男性も楽しめません。

そんなときに自分から楽しく話しかけると、男性も喜んでくれます。

付き合う前だとまだ何の話題を話して良いかわからないこともあるかもしれません。

そんなときはデート中に話題が尽きてしまわないように、事前にいくつか考えておくのがポイントです。

デートを惜しむ一言を

「一日とか半日デートした後、別れる時間になって『もう一日が終わっちゃった』とか『今日、時間が経つのあっという間だったね』とか言ってもらえると最高に幸せです」(25歳男性/ゲーム)

デートの別れ際は、その一日の締めくくりです。ここで男性を幸せにさせるセリフを言えたら、彼を幸せな気持ちにさせられるかも?

嘘をつかず、ありのままの「楽しかった」という気持ちを素直に伝えることが大切です。

勇気を出して気持ちを伝えてみましょう。

デートは前も最中も後も大事

デート中、無理して気張り続ける必要はありませんが、相手を思いやり気遣うのは大切です。

男性にまかせっきりにならず、「一緒に」楽しむことが理想です。

彼との楽しいデートを過ごせますように♡

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)