夫婦なのに「相手の気持ちがわからない」といったことは、多くあるでしょう。

恋人のときには見えなかった悪い部分が見えて、ついイラっとすることもあるかもしれませんね。

しかし、どんなにイラっとしていても、縁あって一緒になったのですから「できるだけ仲良くしたい」が女性の本音ではないでしょうか?

そこで、今回は夫婦の仲の良さを保つ方法を4つご紹介します。

夫婦円満の秘訣?夫との仲を保つためにできること4選

理由を伝える

「妻に言いたいことは、急に機嫌を悪くするのはやめてほしいということですね。
僕からすれば、女性の体調のことは分からないこともある。

あと、『その言い方ムカつく』と言われても、何に怒られているのか唐突すぎて分かりません。
説明するのは、めんどくさいかもしれない。でも、言ってくれないと夫婦でも分からないことってあると思うんですよ」(35歳男性/看護師)

ついつい毎日いる心地よさから、夫にキツい言葉を浴びせてしまう……という方もいるのではないでしょうか?

また、長い間一緒にいるのに「どうして理解してくれないの」と思うこともあるかもしれませんね。

しかし、一緒にいる時間が長かったとしても、理解し合えない部分や、忘れてしまうこともあります。

事細かに説明する必要はありませんが、自身の状況や気になる事柄については、軽く理由を添えてみるといいかも。

命令口調を避ける

「仕事をしている僕と、家事をしている妻で大変さを比べる必要はないと思ってます。
でも、休日は、ゆっくりしたいときもある……。

それなのに、妻は上から目線で『子供の面倒をみてよ』とキツく言うんです。
妻が大変なのも理解してるつもりだし、対等に休日の分担を決めたいです。

しかし、いきなり『やってよ』は、気分悪いですね」(38歳男性/保育士)

お願いされたら気持ちよく応えるのに……命令されるとなんかモヤモヤする、という男性は少なくないようです。

女性も、そういった経験があり、「嫌だな」と思ったことがある方もいることでしょう。

しかし、日々の家事や育児に追われていると、「やって当たり前」という気持ちから、つい命令口調になってしまう方がいます。

一言、「今時間ある?」とか「ちょっと悪いんだけど……」と挟むだけで、雰囲気が変わりますので、ぜひ試してみてください!

仕事に口出しをしない

「僕の妻は、仕事が少しでも残業になると、『ブラック企業ね』とか言うんです。
僕の仕事に文句をつけられているようで、すごい悲しくなる。

文句を言いたいときもあるだろうけど、『大変ね』くらい言ってほしいし、家では仕事の話をしたくないです」(31歳男性/経理)

仕事の話題は、人によっては非常にデリケートなもの。

たとえ、夫婦であっても深く触れられたくない……という方はいますし、ましてや悪く言うことは、相手を傷つけかねません。

一生懸命やっていることを否定された時、あなたも悲しくなるのと同じです。

お互いの関係性にもよりますが、普段はノータッチで、彼が落ち込んでいるときは相談に乗る……ぐらいのスタンスでいいのでは?

子どもに構い過ぎない

「子供を優先されすぎると、妻ではなく母親として見てしまう。
僕も妻のことを『大切にしたい』と思っているのに、あまりにも子供ばかり構われてしまうとおもしろくないですね。

僕だって妻に甘えたいことはありますし、話を聞いてほしいときくらいあるんです」(29歳男性/警察官)

妻が子どもに構いすぎると、夫としては寂しいようです。

子どもがいるときは、家族全員で関われるようにしてはいかがでしょうか?

また、子どもが寝たら、夫婦2人の時間を設けるなどの工夫もできるでしょう。

そうすれば、子どもを大切にしながら、夫婦の仲も保った素敵な家庭を目指せるかもしれませんね。

ちょっとした工夫が大切

結婚して一緒に住むと、恋人のときにはない壁にぶつかることもあるでしょう。

むしろ、長い間一緒にいるからこそ、「わかってくれるはず」と過信してしまうのかもしれませんね。

夫婦だからこそ、思いやりが重要になるかも。

一緒に住む上では、「親しき中にも礼儀あり」の姿勢を忘れないよう、接していきたいですね!

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)