「ずっと愛されていたい!」大好きな男性がいれば、そう願ってやみませんよね。

とはいえ、ただ愛されるのを待っているだけでは愛されないでしょう。

「私だけを愛してほしい!」と迫ったところで、引かれてしまう可能性も……。

そんななか、愛される女性は、男性を上手く調子に乗せるのが上手なんだとか。

男性にずっと愛されるための方法とはなんなのでしょう。

ずっと愛されるのは…【男性を上手く調子に乗せられる女性】

嬉しいこととそうでないことははっきりと

彼がなにかをしてくれるのは嬉しいことですが、すべてにおいて「わーい!」「やったー!」と言っていると、男性は「いつなにをしても喜ぶから、テキトーでいっか」と、無意識に思ってしまいがち。

やがて無関心に繋がって、一生愛されるとは言い難い状況をつくってしまうかもしれません。

対策としては、反応に差をつけるのがおすすめ!

たとえば、「今度○○食べに行こっか?」と誘ってくれたときに好みじゃないなら、「あんまり○○好きじゃないな~」と言って、彼が「じゃあ○○は?」と好みのものを提案してくれたら、「あ、そっちのほうがいい!いこ!」と、喜ぶ。

こうすると多くの場合男性は、彼女の喜ぶことを一生懸命見分けようとします。

そしてそのためにも彼女をよく観察しよう、知ろうと努め、常に関心を示してくれます。

結果、ずっと愛されるようになるのです。

支えながら頼る

男性の多くは、女性に頼られることが嬉しいもの。

これは、いろんなコラムで目にする恋愛の基礎かもしれません。

とはいえ、ただ「おねが~い!」と頼るのは、恋愛序盤ではいいかもしれませんが、一生愛される要素にはなりません。

一生愛されたいのであれば「彼のサポートをしながら頼る」という方法がおすすめ!

たとえば、少し心細いので「駅まで送って!」とお願いする場合、彼の上着を持ってきてからお願いしたり、布巾を持ってきてから、「ちょっと、そこの拭き掃除お願いしてもいい?」と言ったり。

そのうえでやってくれたら「ありがと~!」「助かる~!」と嬉しそうに伝えてください。

彼が、「お、いいよ!」と軽くOKしやすくなりますし、やりやすいようサポートしてくれたうえに、嬉しそうに感謝されれば……。

男性は調子にのること間違いなしです!

お礼を言うときは人間性も褒める

お礼を言うときは人間性も褒める

彼になにかをしてもらったとき、「ありがと~!嬉しい!」と、自分の気持ちを素直に伝えるのもいいですが、あえて彼の能力や人間性を褒める、というのもおすすめ。

たとえば、「あ、お皿洗ってくれたんだ~。そういうところに気づけるの、さすがだね」と言ってみるのはいかがでしょう?

単にお礼を言われるより、「オレってデキる男?」と思ってもらえたほうが、次も同じことをしようと思います。

そして、もっと彼女に褒められたいがために、彼女の喜ぶことを積極的にしようとしてくれます。これって愛だと思いませんか?

彼を立てて愛される女性に!

頼ったり、感謝を伝えたりするときにも、ひと工夫をすれば、男性を調子に乗せられるセリフに変えることができます。

調子にのったときの男性は、じつに積極的でエネルギッシュ!

それを上手に愛へと変換させれば、一生愛される女性になれるはずです!

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)