いまや恋愛の定番ツールとなったマッチングアプリ。

出会い探しに使っている人も多いでしょう。

しかし、アプリのなかには不倫や遊び目的の男性もたくさんいます。

そこで今回は、マッチングアプリで気を付けたい「警戒すべき男性」の特徴をご紹介します。

自己開示をしない

マッチングアプリで知り合った男性とは、出会う前にLINE等でやり取りするもの。

そのときに、あまり自分の話をしない男性には注意してください。

仕事や趣味の質問をしてもスルー……。

筆者も実際にそんな男性とアプリを通して会ってみたのですが、左手に指輪をはめていた痕が。

自己開示が少ない男性は、遊び目的かコミュニケーションが苦手と見るといいでしょう。

たとえ遊びじゃないとしても、お付き合いをするのは難しいかもしれません。

会社員なのに休日が平日と祝日だけ

会社員なのに休日が平日と祝日だけ

飲食や販売、医療従事者など、土日の出勤が一般的な仕事であれば、休日が平日になるのもわかります。

しかし、プロフィールを見る限り普通の会社員なのに、なぜか休日が平日あるいは祝日だけの男性は気を付けて。

もしかしたら既婚者かもしれません。

マッチングした後で「土日もお仕事なんですか?」と聞いてもスルーされ、仕事の内容を詳しく言いたがらない……というのはかなり怪しいでしょう。

他にも、LINEのやり取りは日中から夕方のみで、夜は絶対に返してくれないという場合も既婚者の可能性大。

さらに年齢が35歳以上の男性には「今までどうして結婚を考えなかったんですか?」と聞いてみてください。

納得するだけの答えが返ってこないなら、不倫目的の既婚男性と見ていいでしょう。

いろいろな男性のプロフを読もう!

多くの男性のプロフィールを見ていると、警戒すべき男性の特徴が見えてきます。

写真と自己紹介文と基本情報で「既婚者っぽいな」「遊び相手を探していそう」と、何となくわかるようになるのです。

アプリでの出会い探しは、長続きしないという悩みを抱えている人も多いでしょう。

男性のプロフィールを見続けるだけでも、効率よくマッチングできるようになるかもしれません。

後編では、さらに警戒すべき男性の特徴についてご紹介します。

(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)

【後編】高収入アピールしてるのに…マッチングアプリで警戒すべき男性の特徴他2つ