相手も独身だと思っていたのに、じつは既婚者だった!

このような展開は、意外と起こりうるものです。

今回は不倫願望がある男性が送りがちなLINEについてご紹介します。

実際の体験談もあわせて参考にしてみてください。

無自覚のまま不倫関係に…彼は既婚者だと見破ったきっかけLINE

事あるごとに…

「騙されてました……。
事あるごとに『君のことが一番好き』『一番大切なのは君だよ』とLINEくれていたので、てっきり私一筋だと思っていたのに。
まさか、奥さんと3人の子どもがいたなんて!」(27歳/IT関係)

既婚男性は、無意識のうちに自分の妻と不倫相手を比較する発言をしてしまうようです。

「君のことが一番好き」ということは、「二番目」もいるかもしれない……。

好きな人の言葉を疑うのは辛いですが、「一番」を強調するようなら気をつけてみてください。

LINEの最後は毎回同じメッセージで…

「合コンで知り合った男性、LINEの最後は絶対に『またこっちから連絡するね』でした。
その当時はあまり深く考えてなかったのですが、ある日奥さんと子どもと街を歩いている彼とばったり遭遇!
その後修羅場を経て彼とは別れたのですが、よく考えたら……『こっちから連絡する』ということは、自分の都合のいい時に連絡するから、お前からはしてくるな、という意味だったんですよね。
そりゃあそうですよね、奥さんといるときに私から連絡が来たら、まずいですもんね」(25歳/看護師)

やはり家族と過ごしている時間は、LINEを常にチェックしていられません。

かといって「夜〇時から朝〇時までは連絡してこないで」と言うのは不自然です。

そんな既婚男性の悩みを解決してしまうのが「こっちから連絡するね」というフレーズ。

もしあなたが「今晩連絡していい?」と聞いた際の返信がこれだったら……限りなくクロに近いかも。

デートの話をすると…

デートの話をすると…

「行きつけのバーで声をかけられてそのまま付き合うことになった彼。
でも、とにかくデートの予定が組めない。いくら『今度いつ会える?』ってLINEしても『ちょっと予定がまだわからないから……わかったら伝えるよ』って返事ばかり。
そうこうしているうちに、そのバーのバーテンダーが、『彼、結婚してるよ』って」(26歳/会社員)

いくら仕事が忙しいからって、予定がまったくわからない状態が続くとは考えられません。

本当に真剣にお付き合いしているなら、少しだけでも時間を作ろうとしてくれるはずです。

そのため、LINEでデートの約束をしても「予定がわからない」とはぐらかす男性は要注意。

妻の目を盗んで出かけるのに苦戦している可能性が高い、と言えそうです。

女の勘を信じるのもあり

相手がいくら隠していても「おかしいな?」と思う部分は、必ず見えてくるでしょう。

もし、あなたのセンサーが「怪しい!」と反応したら、そこは遠慮せず追求するべし!ですよ。

(愛カツ編集部)