デートでは「食事をする」というシチュエーションが、よくありますよね。

TPOに合ったマナーを守るのは、もちろん大切です。

しかし、デートだからこそ彼をドキッとさせたいと思う方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、男子がつい「胸キュン」した食事中の言動をご紹介します。

【またデートしたいなぁ】男子がつい「胸キュン」した食事中の言動は?

「お家でも作れるかな」と言う

「和食料理屋で魚や煮物が出たんだけど、彼女がボソッと『これって家でも作れるかな?』『でもこの味は難しいよね……』と言ったんです。

自分はそういうのを考えて食事したことがなかったので、びっくりすると同時に彼女の家庭的な姿に惚れました」(31歳男性/不動産)

「また来たいな」と言うのもいいですが、「これ家でも作れるかな?」とつぶやくほうが、男性に好かれる傾向があります。

やはり男性は家庭的な女性を好むので、「次はこの子の料理を食べたいな」と思うよう。

料理好きな女性は、ぜひこのワードを使ってみるのはありですよ。

自分の分をよそってくれる

「頼んだ食事が到着してすぐに『食べる?』と、小皿に自分のパスタをよそってくれたとき。男同士じゃ絶対そんなことしないので、デートって感じがしてキュンときた」(27歳男性/建築)

よく「サラダ取りわけ女子はあざとい」なんて言いますが、これは気が利くなと思う言動です。

より多くの料理を楽しめるので、「これもおいしいね!」「俺のも食べる?」と会話もはずむはず。

こういった細かな気配りが、「ほかの子とは違うな」と思うポイントですよ。

思いっきりぱくっと食べる

「クレープでもソフトクリームでも、思い切り食べてくれる子が好きです。甘いものを幸せそうに頬張る姿がかわいい!」(29歳男性/医療)

デートでは、できたらキレイな食べ方をしたいと思いますよね。

しかし、とくにデザート類はスプーンでちまちま食べるより、思い切りぱくっといった方が嬉しそうな姿が伝わるもの。

クチャクチャ食べたり、口に物が入っているのにしゃべったりしなければ、はしたない感じもありませんよ。

満面の笑みで「おいしい!」と言ってくれる

「やっぱり満面の笑みで『おいしい』って言ってくれたことですかね。頑張って店選びした甲斐があるなって思います」(33歳男性/商社)

男性陣は食レポのような細かい感想は求めていない傾向があります。

「おいしい!」の一言を待っているようです。

食事を楽しんでもらえるだけで、彼らのテンションは上がるでしょう。

「またすぐにでもご飯に行けたらな」と思うはずですよ。

食事デートで好感度UPをねらってみて

食事デートでは、2人きりの時間を楽しんで、おいしそうに食べるのが大事です。

その上で男性にはあまり縁がないような、予想外の言動があると思わずキュンとするよう。

今回ご紹介した内容を、ぜひ気になる彼との食事デートで試してみてくださいね。

(和/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)