不幸な恋に走りやすく、最終的に男性に逃げられるタイプっていますよね。

どうしていつも不幸になるのか、どこが悪くて逃げられるのかわからないと不安なもの。

そこで今回は、幸せな恋愛をする方法をご紹介します!

不幸な恋にサヨナラ!「幸せな恋愛」をする方法

受け身にならない

男性は、どこまでも自分の事を受け入れてくれそうな女性を、好きになることが多いもの。

しかしどこまでも甘えられると、女性側も疲れてきますよね。

そのうちに男性も、自分を受け入れるだけの女性に飽きてしまいます。

そんな状況でも、受け身の女性はどうすればいいのかわからず待つだけの存在に。

臨機応変に対応する力がないと関係を築いていくのは難しいのでしょう。

受け身になるばかりではなく、能動的に彼に働きかけることが大切です。

自分に自信を持つ

自尊心が低い、自己肯定感が低いとか、とにかく自分に自信がない人は要注意です。

人に頼られたり、必要とされる喜びを初めて知ってしまうと、その恋にのめり込みやすくなります。

「必要とされている自分」に嬉しくなり、この人を離さないようにと思い込んでしまうことで、相手しか見えなくなってしまい、不幸な恋愛がはじまるかも。

そして悪い男だと思っても、自分から見捨てることができず頼られるとまた繰り返してしまい泥沼に。

全く必要とされていない人なんていないもの。わざわざ言われなくても、絶対に皆どこかで誰かに必要とされています。

そのことに自分が気付いてないだけで、あてにされたり頼られたりなんてのは絶対にあります。自分に自信を持ちましょう。

対等な関係になる

当たり前ですが、恋人同士なら、ふたりの関係はどこまでも対等です。

どちらが先に好きになっても、相手が好きな気持ちを返してくれたなら、その時点でお互いに対等なのです。

どちらかが好きな気持ちを返せなくなった時、関係自体は終わっています。

もう好きな気持ちを同じだけ返せない彼を好きでいても、いくら受け入れても、今後のいい関係は望めないでしょう。

別れる、という選択をすぐに出せなくても、あなた自身も接し方を変えてみるといいかもしれません。

幸せな恋をするために

お互いに対等な関係を築ければ、お互いに楽しめるものも増えていきます。

いつも言いなりになってしまうなら、たまには相手を変える勢いでぶつかってみて。それはきっと、相手の心にも響きます。

面倒くさがらずに、怖がらずに「ふたりで楽しみたい」気持ちをちゃんと伝えてみましょう。

(只野/ライター)

(愛カツ編集部)