謙虚でおしとやかで女の子らしくて……男性ってこういうのが好きなんじゃないの?って思っている方、多いのではないでしょうか。

その考えは、見当違いかもしれません。

今回は、男性が最終的に選ぶ女性はどんな人なのか、調査しました!

意外な答えが聞けるかもしれませんよ。

dad9ab707f68deaafd2-20200804113825dad9ab707f68deaafd2-20200804113825

「真面目さ」<「明るさ」

「元カノは真面目でいい子だったんですけど、完璧主義者な部分があって。料理を失敗すると本気で落ち込んで、雰囲気が悪くなることもあったんです。

いまの彼女は、失敗しても笑いに変えちゃうくらい明るいんですよね。くだらないことで笑い合えるので、気がラクですね」(26歳男性/教育)

真面目さは大事なのですが、いきすぎると自分だけじゃなく、周りが疲れてしまうことも。

あとは単純に「あいつが何でもやってくれる」と、彼がダメ男になる可能性もあります。

とくに結婚して毎日一緒にいると、ニコニコと明るい子のほうが男性もホッとするはずです。

取り返しのつかない失敗じゃなければ、「次は気をつけよう!」と前向きなくらいがいいでしょう。

「謙虚さ」<「正直さ」

「謙虚な子って、本当は何を考えているのかわからなくて怖い……。俺もたまには弱音やグチを言いたいし、適度に毒を吐く子のほうが、人間らしくていいなって思いますね」(25歳男性/住宅)

とくに初デートでは、謙虚さが大切!

しかし、謙虚に振る舞いすぎて本心を見せないのも、何考えているのかが読めず不安になってしまいます。

たとえば男性が似合わないイメチェンをしたとき、無理して「似合っているよ」と言うより、「ちょっと!それ変だよ~!」とツッコめるほうが、お互いに気楽ではないでしょうか?

頑張りすぎない関係を作るほうが、自然と一緒にいる時間も増えるはずです。

「信念の強さ」<「柔軟さ」

「母は信念が強いとも言えるんですけど、まあ頑固で。仕事に関してよく父とケンカしてたんです。
そういうのを見てると、柔軟な人と結婚したほうがよさそうだなって思いますね」(28歳男性/営業)

何事も強い信念を持って取り組んでいる人は、とても素晴らしいと思います。

しかし、お付き合いしていく中で、意見が食い違い、思い通りにいかないことも出てくると思います。

今後のことを考えると、柔軟に物事を考えられるほうが、お互いに協力して過ごしていけるのかも。

長く一緒にいるために素でいられる関係を

自分ひとりで生きて行く分には問題なくても、いざ交際や結婚となると、相手の立場になることも大切。

どれも学校で教えてくれませんよね。

だからこそ彼が何を求めているのかを知るために、話し合い、お互いに理解を深めましょう。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)