初デートで「なに食べたい?」と男性から聞かれたときに、「なんでもいいよ」とは言わなくても、適当に答えてしまうことはありませんか?

男性のなかで初デートまでのLINEのやりとりは、そこで気持ちが盛り上がるかテンションが下がるのか、大きく関わってくるポイントなんだとか。

そこで今回は、男性の心を掴む「なに食べたい?」への返信をご紹介します。

初デート前に!男性の心を掴む「なに食べたい?」への返信とは

〇〇が食べたいと指定する

「食べることが好きなので『イタリアン』とか『ワインが飲めるお店』とか遠慮なく指定してくれたほうが張り合いがあります」(33歳/飲食関係)

これは相手の外食偏差値の高さによっても正解は変わりそうです。

ただし、常識の範囲のお値段のお店に限る……といったところでしょうか。

デートはあくまでも相手をよく知るための話なので、お寿司や高級フレンチなどをいきなり指定するとドン引きされる可能性は高いでしょう。

ゆっくり話せるお店をリクエスト♡

「デートの約束をして食べたいものを聞いたときに『ジャンルはお任せします。じっくりお話できる静かなお店がいいです』とLINEが返ってきて、俺のこともっと知りたいと思ってくれているんだとドキッとしてしまいました。」(26歳/アパレル)

女性のなかには「いきなり個室で2人きりになるのは嫌」という方も多いですよね。

でも、個室で口説こうとしてくる男性もいます。

なので、その場合は「緊張せずに話せる、カウンターのお店が好きです」などの言い方をしておくのもアリ!です。

飲み物を指定してお願いする

「僕は日本酒とビールが好きなので『冬なので熱燗の美味しいお店に行きたいです』『冷えたビールが飲みたいです』なんて言われたらけっこうそれだけで心掴まれます」(27歳/医療関係)

食べ物のジャンルではなく、お酒や飲み物の指定も面白いですね。

お酒が苦手な方なら「コーヒーが美味しいカフェに行きたい」などの指定も良いと思います。

飲み物の好みはけっこうその人の素が出るので、セレクトしてくれるお店で人柄がわかりそうですね。

相手の好きなお店に連れて行ってもらう

「アプローチが上手いなあと感じるのは『◯◯さんが好きなお店に行ってみたいです』という言い方のLINEを返してくる子ですね。俺のことをよく見たいと思ってくれてるんだなと感じます」(26歳/半導体メーカー)

相手への興味が伝わる良い返答ですね。

とくに食べたいものが決まっていなかったら、「普段、◯◯さんが行っているお店に行ってみたい」というような言い方も良いでしょう。

迷ったらこう返しておけば正解です!

食の好みも先に伝えてあげて

候補を聞かれたとき、「◯◯が食べられない」というのはあえて言わないと思いますが、彼に丸投げしておいて後出しで「これ食べられない」となると印象が下がってしまいます。

たとえば、お寿司屋さんに着いてから「生物ダメなんです」なんて言われたら彼も焦ってしまうでしょう。

なので、好き嫌いが多い場合は先に伝えておいたほうが親切ですよ。

途中で彼が困るような状況は事前に省いてあげるようにしましょうね。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)