カップルにとって、デーをするのは必要不可欠です。

しかし、デートを繰り返すうちに、お互いの気持ちにズレがあると破局の原因になることもあります。

そこで今回は「彼が『ぶっちゃけ面倒くさい』と思うデート」についてご紹介します。

短い時間で会っても物足りない

「仕事終わりの短い時間でデートするが定番化している。その後どこか泊まるでもなく別々に帰るだけなので、俺からするとちょっと物足りないですね」(27歳男性/広告)

もちろん相手の性格にもよるかもしれません。

しかし、短い時間に少しだけ会うのは、男性からすると面倒くさくなる原因のひとつのよう。

たまになら良いでしょうが、スキマ時間デートが定番になっている人がいたら、考え直す機会を設けるべきかもしれませんよ。

毎回同じ場所で遊ぶ

「遊園地大好きな彼女は、月に2回は俺と遊園地に行きたがる。しかも彼女は年パスを持っているけれど、俺はそこまでじゃないので毎回チケットを買ってます。

最初は彼女が喜んでくれるなら……と思って付き合っていましたが、だんだん疲れるようになってきました」(31歳男性/建築)

行きつけの場所があると、行く場所に困らないので便利ですよね。

しかしデート場所が毎回同じ場合は、マンネリを感じる要因となるかもしれません。

もしかしたら彼はあなたに合わせているだけで、内心「もっと別のところに行きたいんだけどな……」なんて思っている可能性も。

 デートにメリハリをつけたほうが、2人の関係も新鮮になりますよ。

行きたい場所・したいことがわからない

行きたい場所・したいことがわからない

「彼女が『会いたい!』と言うので『じゃあどこ行きたいの?』と聞いたら、特にないと言われてしまった。一気にテンションが下がったし、デート自体面倒くさくなってしまった」(26歳男性/IT)

女性のなかには「彼と会えればそれだけでいい!」と思う方がいるかもしれません。

しかし、そんな気持ちはどうやら相手には伝わらないことがあるよう。

それどころか「会いたいのにどこにも行きたくないって、何がしたいのかわからないんだけど……」と彼を不機嫌にさせてしまう可能性も。

一緒にデート先を決められればいいのですが、毎回彼が提案しているとなると、「たまには彼女にデート先を考えてほしい」と思っているかもしれません。

突発的に「会いたい」と言うのではなく、「ここに行きたいんだけどどうかな?」と提案したほうが、2人の関係も良いものになりますよ。

彼と2人で楽しいデートを過ごそう

相手に配慮がないデートは、彼氏に「面倒くさい」と思われる可能性が高まるでしょう。

付き合いが長いカップルも、お互いを探りながらデート先を決めた方が楽しい交際ができるはずですよ。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)