好きな人と距離が近くなりすぎて、恋愛が上手くいかなかった経験はありませんか?

いい距離感を保つのも、恋を上手く進めるコツのひとつ。

そこで今回は、好きな人とほどよい距離感を取るときに気を付けたいポイントをご紹介します。

仲良くなりすぎはNG!好きな人と【ほどよい距離感を保つ】方法

自分勝手になりすぎないようにしよう

気になる男性と距離感が近すぎる人は、自分勝手なタイプが多いです。

自分のことをアピールするのに一生懸命で、相手の話を聞かないことが多いよう。

会話が一方通行かもと感じたら、相手の話を聞くようにしてみて。

相手を尊重して、自分から近寄りすぎないことを意識すると、よりよい関係が築けるでしょう。

彼の気持ちをコントロールしないで

好きな人から自分も好かれるのは、とても幸せなことです。

しかし、彼の心までコントロールしようとするのはNGです。

相手の気持ちを考えずに距離を詰めてしまうと、不快な思いをさせてしまうかも。

また、「こちらの感情を気にせず踏み込み過ぎる彼女は苦手」という、奥手な男性は多いのです。

一歩引いて、「大好きだけど、彼はあくまでも他人だ」「自分の気持ちばかり優先せず、彼の気持ちを考える」と心がけると、相手に与える印象は大きく変わりますよ。

早く仲良くなろうとするのは失敗の原因に

早く仲良くなろうとして、聞きすぎたり話しすぎたりするのもNGです。

その気持ちはわかりますが、焦り過ぎは失敗の原因に。

うわべだけの言葉よりも、感情でつながる方が深く長い絆ができます。

長く付き合うのに大切なのはゆっくり仲良くなっていくことです。

自分の気持ちだけを押し付けないようにしましょう。

近づきすぎないのが◎

「いつも一緒にいたい」「ずっとそばにいてほしい」と思うのは、誰でもあることです。

でも、それだけになってしまうと、上手に自分の気持ちが伝わらないでしょう。

大切なのは、相手を思いやること。

アプローチするときは、彼の気持ちも尊重してくださいね。

(只野/ライター)

(愛カツ編集部)