あきれるほどセコい振る舞いをする人は、男女ともに一定数存在しますよね。

でも、女性の行き過ぎなまでの節約に男性が引いてしまうこともあるよう。

本人は節約のつもりでも、周りから見ればただの「セコい人」ということも……。

そこで今回は、男性がドン引きするセコい行動を3つご紹介します。

え、嘘でしょ…男性がドン引きするセコい行動3つ

買い物をするのはリサイクルショップ

リサイクルはエコだし、地球資源を考えたら素晴らしい行動です。

ただ、なにからなにまでリサイクルショップで揃えたり、服も一昔前のものばかり……となると、正直貧乏くさいイメージを与えてしまうかも。

古着をおしゃれに着こなすのは上級テクなので、残念なことになんだかみすぼらしくなってしまう人が大多数でしょう。

また、彼女にはキレイでいてほしいと思っていたり、潔癖症の気がある男性からすると使い古しは信じがたいものだそうですよ。

今は新品でもファストファッションなら安上がりに済ませられますしね。

クーポン券を必死に使う

今や美容室から居酒屋まで多彩なクーポン券が存在していますよね。

財布のなかにはあふれんばかりのクーポン券、アプリもクーポンでいっぱいと言う方は少なくないでしょう。

そして、買い物やデートはクーポン券が使える店限定とくれば、付き合う男性はげんなりしているかも。

男性からすれば「どうしてたった数十円~数百円の値引きにこんなに熱が入るのか……」と不思議に思うこともあるようです。

使うことを恥ずかしいと感じる男性も多く、あまりにもクーポンにこだわる女性はセコいと思われてしまうのですね。

サンプルだけもらう

コスメショップでさんざん美容部員さんからカウンセリングを受けた後、サンプルで試してみます!と買わないことに平気でいられる女性の神経を男性は驚くとか。

肌に合わないこともあるし、どんな商品もまずはサンプルで試して……というのは女性の常識だけど、なかには確かに最初からサンプルだけ狙いの女性もいます。

やはりさすがにサンプルばかり調達してくるような女性はセコいと言わざるをえないでしょう。

見すぼらしく思うことさえありますね。

また、ホテルやお店などにある無料のアメニティグッズをごっそり持って帰る姿を見ると、「この子と結婚したら、色々もらってくるんだろうな。恥ずかしい……」と想像してしまうのでしょう。

セコすぎる言動には注意!

一般的な男性は、浪費家やブランド好きの女性を避けるのと同様に、ケチやセコい女性もいっしょにいると恥ずかしいと思ってしまうようです。

節約を意識しすぎた行動は、男性にとって女性としての魅力を薄れさせてしまい、「お母さん」や「おばちゃん」を思い起こさせてしまいます。

恋愛対象外になるのは間違いないでしょう。

節約しているつもりが、セコい女性と好きな男性に認定されてしまったら悲しいですよね。

自分の行いが果たして「節約」なのか、「セコい」のかを見極めて行動してくださいね。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)