好意がある男友達にとって、恋愛対象になる女子と友達で終わる女子とでは、なにが違うのでしょうか。

「好きな人がいても、毎回友達以上の関係になれない」と自信を失っている方が、なかにはいるかもしれません。

今回は「恋愛対象になる子」と「友達で終わる子」の違いをご紹介します。

【わずかな差?】「恋愛対象になる子」と「友達で終わる子」の違いはコレ!

仲良くなりすぎていないか

お互いの距離感は、恋愛を進めていく上で重要なものです。

計算高く駆引きをする必要はありません。

しかし、あまりにも距離を縮め過ぎると、相手は近くにいるあなたが目に入らなくなる可能性があります。

少し離れたところにいる女子の方が恋愛対象になりやすいので、今一度彼との距離の取り方を見直してみた方がいいですよ。

好意を必要以上に隠していないか

2人の間には、恋愛感情は全くないと彼が判断してしまうと、あなたとの関係は男友達と同じ感覚になるでしょう。

そうなる前に、少しでも「この子、俺の事好きなの?」と思わせておかないと、気の許せる友達になる傾向があります。

たとえば、「○○くんってけっこう私のタイプなんだよね」など、ときに大胆にアプローチするのもありです。

関係が壊れてしまうのを怖がらず、少しでも良いので、相手に「もしかして……?」と感じてもらうようにしてくださいね。

相手の前で強がっていないか

相手の前で強がっていないか

彼の前で弱い所を見せたくない、恥ずかしい思いをしたくないという気持ちがあると、どうしても強がってしまうことがありますよね。

もちろん「凛としていてカッコいい」、「しっかりしていて安心出来る」と感じてくれる男子もいます。

しかし、強がる女性を見ると、どちらかというと「この子は一人で大丈夫」と感じる男性の方が多いでしょう。

男子というのは、やはり自分に頼ってくれる女子に惹かれるようです。

日頃から小さなお願いをして、周りを頼るよう意識すると、周囲の男性から「恋愛対象」として意識される確率が高まりますよ。

友達から彼女にレベルアップしよう

今回は「友達から彼女になれない女子の特徴」をご紹介致しました。

やはり恋愛対象になるには相手をドキドキさせるのが、とても大事になります。

彼があなたに全くトキメキを感じていないのなら、それは逆にチャンスです。

あなたは今、他の人にはないギャップを最大限にいかせる状況下にいます。彼に与えるトキメキは誰よりも大きいはず!

今回ご紹介した内容を参考に、彼に異性としての魅力をアピールしてみてくださいね。

(神伊里砂/ライター)

(愛カツ編集部)