「やること」を決めるよりも、「やらないこと」を決めるほうが楽になることもあります。

やることを意識するとそのことばかりに注力してしまいがちですが、やらないことを意識するとそれ以外のことをバランスよく実行できます。

モテる女性は、これと同じように「やらないこと」を意識して行動しているのかもしれません。

そんなモテる女性が「やらない」と決めていることをご紹介します。

これを実践し、あなたもモテ女を目指しましょう!

余計なことやってない?モテる女性が絶対に【やらないこと】4つ<

飲み会での取り分け

「飲み会での取り分けって、私は絶対にしません。もちろん大皿が自分のそばにあればやることもありますが、モテるためには絶対にしないです」(25歳女性/モデル)

「取り分け=モテテク」ている人もいるのではないでしょうか。気が利くアピールや家庭的な女子のアピールになると思われがちですか、必死になるのは逆効果。

近くに大皿のサラダがあるのに、そっちのけで携帯をいじり続けるのは取り分けるべきだと思いますが、わざわざ遠くのサラダを分けて回るのも不自然です。

「モテテク」として披露しているのが周囲にも伝わることも。

実際に男性に好かれるのと、無理してモテようとするのではわけが違います。

SNSに「映えてる」写真をアップ

「同性・異性問わず、嫉妬ってやっぱり怖いし意味のない感情ですもんね。だから私はSNSに映えとか、リア充的な写真をアップしないようにしています」(24歳女性/イベント)

SNSで自慢するような投稿をすると、嫉妬されることがあります。

嫉妬の感情は、一度抱いたらなかなかぬぐえないもの。

男性にだけでなく、女性に嫉妬されることが思わぬ人間関係の障壁となることもあります。

プライベートを自慢する女性よりも、ミステリアスな女性に惹かれる気持ちがわかる方も多いのではないでしょうか。

人前でつくため息

人前でつくため息

「人前でため息をつくような女性を、男性が愛するはずがないです!」(24歳女性/ネイリスト)

すぐにため息をつく人のそばにいるとうんざりしてしますよね。

ため息は無意識についてしまうものだからこそ、注意したいところ。

無意識の行動は、自分でもなかなか気づきにくいものです。

ため息をついてしまったあとには「あ、またやっちゃた!」と自覚し、減らしていきましょう。

小さなことでもうそをつく

「『彼氏いるの? 』と聞かれたら、私は正直に答えます。うそをついたら、今カレに悪くないですか? 自他共に正直であることが、モテの極意だと考えています」(26歳女性/飲食)

一度うそをつくと、それに沿ってどんどんうそをつかなければいけなくなります。

うそをついたことがバレれば周囲からの信頼を失いますし、ほかになにを言っても「うそなんじゃないか」と疑われることも。

どんな内容であっても、うそはつかないようにするのが自分のためです。

あとは「これ以外」を実践するのみ

モテる女性が「やらないこと」がわかれば、あとはそれ以外のことを実践していきましょう。

中身が魅力的になることで、あなたのモテ度もアップするはず。

ありのままの自分に自信を持ち、それを自慢することも偽ることもなく過ごしましょう。

あなたの行動が、素敵な出来事を巻き起こすことにつながるかもしれません。

(ひとみしょう/文筆家)

(愛カツ編集部)