結婚生活に慣れてくると、お互いの存在が当たり前のようになってきますよね。

結婚当初に望んでいた2人の生活を、当たり前のように過ごせているのは、とても幸せなこと。

そこで今回は、これからも夫婦円満に過ごすために「仲良し夫婦が意識していること」をご紹介します。

夫婦円満のコツ!「仲良し夫婦」が日ごろから意識していること

相手をほめる

「夫婦そろってファッション好きなので、『今日のコーデもかわいい』『その服かっこいいね』って毎朝ほめ合うのが、結婚から5年経っても恒例行事です(笑)」(27歳女性/アパレル店員)

付き合いが長くなると、相手をほめる言葉を口にしづらくなるかもしれません。

しかし、お互いへの関心が薄れないように、相手の小さな変化を察知&評価するクセづけは大切!

毎日はムリでも、新しい髪型や洋服に気づいたらすぐ言葉にして伝えてあげると、いつまでも新鮮な気持ちを保てそう。

感謝の言葉を忘れない

「家庭でも、店(※夫婦で営んでるカフェがあるそうです)でも、感謝の言葉はこまめに口にしてます。
そのせいか、お客さんから『ほんと仲良いね!』ってよく言われます(照)」(32歳男性/カフェ経営)

結婚生活が長くなると家族感が増して、相手がしてくれることをだんだん当然と思うようになりがちです。

いくら夫婦でも傲慢にならないように、「ありがとう」の語源である「有り難い」という気持ちを忘れないことはやはり重要!

話を最後まで聞く

「最低4回は会話のキャッチボールをすることが夫婦間のルール。
『それで?』『その後どうなったの?』と質問して、話のオチまで必ず聞くようにしてます」(33歳男性/銀行員)

夫婦円満に過ごすために、コミュニケーションはとても大切ですよね。

どちらかが話題を振っても、「ふーん」「そうなんだ」というリアクションでは、話をしようという気にならなくなってしまうかも。

逆に、その後の展開に興味がある感を出せば、「パートナーに話をすることが楽しみになる=会話の絶えない関係になれる」のかも!

困っているときは手助けする

「家事と育児で一杯一杯のとき、夫が『それやっとくよ』って言ってくれるのがほんとにありがたくて。私も夫が大変なときは支えたいですね」(29歳女性/主婦)

切羽詰まった状態で気遣いがまったく感じられないと、家庭内でギスギスしてしまいそう。

それよりも、「今大変そうだな」と感じたら、できる範囲で手助けし合える夫婦関係が理想ですよね。

相手への感謝の気持ちを忘れずに

幸せな結婚生活を送るために必要なのは、何も特別な言葉ではありません。

大事なのは、相手を思いやる気持ち。

長く付き合っていても、「親しき中にも礼儀」を忘れないでくださいね。

(愛カツ編集部)