年下の男性からすると、年上の女性は魅力的にうつりがちです。

それだけに、あこがれや理想が伴っていることも。

そんな年下の男性をガッカリさせないためには、どうすればよいのでしょうか。

今回は、男性がガッカリする「年上女性の言動」をご紹介します。

思ってたのと違う…?男性がガッカリする【年上女性】の言動

自分を「おばさん」扱い

年下の男性と接していると、つい自分を「おばさん」だとする発言をする人が多い傾向にあります。

軽い気持ちや場を和ますために言っているのかもしれませんが、男性としては反応に困るもの。

さらに何度も言われると、彼の中では実際に「おばさん」という認識になってしまうことも……。

自分を「おばさん」と言うメリットはほぼありません。口癖になってしまうまえに、言わないことを意識してください。

年相応のや対応ができない

年下の男性にとって「年上の女性」は憧れの存在になりやすいです。

同年代の女性にはない大人っぽさや余裕、色気などに心を揺さぶられる男性も。

だからこそ、そういった「年上としての魅力」が感じられないと年下の男性はガッカリしてしまうかも……。

無理に若作りをするのではなく、年上の女性だからこそ持てる武器で勝負しましょう。

「年下扱い」をしすぎる

「年下扱い」をしすぎる

年下の男性と一緒にいると、かわいいなと思う気持ちからか、つい「年下扱い」をしてしまいがちです。

あまりにも年下扱いされ続けると、男性のプライドを傷つけてしまうことも。

先輩っぽくアドバイスをしたり、仕切ったりしたくなることもあると思います。

でも、アドバイスは求められたら。仕切るのではなく彼の意向も聞きながら。

あまり年齢を意識しすぎず、対等な関係でいると、年下男性とも信頼を築いていけることでしょう。

若さにとらわれた発言

自分よりも年下の女性に対して過剰に意識したり、激しく嫉妬したりするような年上女性の姿は、見苦しく見えてしまいます。

若さはすべてではないはずなのに、若さにとらわれてしまう……。

「若いだけで中身は何もない」や「私の若い頃の方が可愛かった」など明らかに若さへの嫉妬を口にする女性に、男性は幻滅するはずです。

若い女性に対抗心を持つのではなく、「今の自分」に自信がある年上女性に魅力を感じるのではないでしょうか。

自信をもてば余裕もうまれる

年下の男性も恋愛対象であるなら、「年上であること」を過度に意識しすぎないことがポイントです。

あなたの「年上女性」ならではの魅力に気づき、そこを上手にアピールすることができれば、年下の男性の心をつかめるのではないでしょうか。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)