彼氏に自分の気持ちをしっかり伝えていますか?

カップルが破局してしまう原因の多くは、丁寧なコミュニケーション怠ったことにあるのかも。

とくに女性は、自分の思いを男性に察してもらおうとしがち。

今回は言葉で伝えることの大切さをお伝えします。

「察して」は卒業しよう!ラブラブの秘訣は密なコミュニケーション

寂しい気持ちはきちんと伝える

お互いに仕事が忙しくて会えないときに、寂しい気持ちを隠してしまうのはよくありません。

言えば、相手に重い女だと思われると危惧する気持ちもわかります。

しかし、逆に言わなければ、こんなに会えないのに寂しいと思ってくれてないんだと気持ちを疑われてしまうことも。

ほとんどの場合は、彼も同じ気持ちでいますし、こうした気持ちはしっかりと伝えていきましょう。

だんまりのケンカはしない

付き合っていると何かのきっかけでケンカしてしまうこともあると思いますが、そのとき、なぜ怒っているのかを説明せず、だんまりしてしまう女性がいます。

じつはこれ、彼のテンションを下げるだけのよくない行為なんです。

恋人同士であろうと、人間の意思疎通には言葉のコミュニケーションが欠かせません。

ケンカの解決に協力的な姿勢を見せることが、彼女としてできる最適な行動でしょう。

好きな気持ちは毎日伝える

告白のときにお互いに好きな気持ちを伝えてから、「好き」と意思表示する機会が少なくなるカップルも多いと思います。

あまり言うとうっとうしいかな? と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、付き合っているのだからそこは遠慮せずどんどん言いましょう。

愛情表現の少なさが結局は気持ちを疑うことやマンネリに直結しますからね。

裸の心で向き合って

カップルになると意外と素直に接することができなくなってしまう方が多いかもしれません。

そんなときは初心に戻って本音で彼と向き合ってみてください。

彼とずっと一緒にいたいと思うなら思うだけそうした心がけが重要ですよ。

(なぎさ/ライター)

(愛カツ編集部)