好きな人との距離を縮める手段として、LINEを活用する人が多いのではないでしょうか。

実際に恋愛の発展に役に立つといっても過言ではありませんが、使い方が重要です。

一歩間違えると嫌われる可能性も……。

でも、男性が喜ぶLINEを熟知していれば問題ありません。

そこで今回は、男性が好きな人にもらうとテンションが上がるLINEをご紹介します。

【きゅんです♡】男性のテンションが上がる「好きな人からのLINE」

ハートの絵文字やスタンプ

「恋しているときは些細なことで一喜一憂しやすいから、素っ気ない文章が来ると凹むし、ハートが入っているだけで舞い上がっちゃいます。好きなら遠慮せずにハートの絵文字とかスタンプを使ってほしいな」(23歳男性/広告)

ハートといえば、恋愛や好意を想像しやすいのではないでしょうか。

たしかに苦手な人には使わないし、わかりやすい好意のあらわれになるかも。

恋している男性は、好きな人からハートがくるとテンションが上がるよう。

「彼氏じゃない人にハートは抵抗ある……」という人は、絵文字やスタンプに小さくハートが入ってるものからはじめてみてくださいね。

ご飯や飲みのお誘い

「飲みや食事のお誘いのLINEはテンション上がるかも。自分が結構奥手で、『誘いたいけど断られたらもうLINEしにくくなるよなぁ……』』って考えて動けないタイプだから、女性の積極的な態度は素直に嬉しい」(25歳男性/不動産)

男性のなかには、自分からのお誘いが苦手な人もいます。

「この人と仲良くなりたいな」と思ったら、自分からお誘いしてみましょう。

それがきっかけで仲良くなったり、恋に発展したりするかも。

好きな人からのお誘いをうれしく思わない男性なんていないはずです。

かわいいヤキモチ

かわいいヤキモチ

「イイ感じの関係の時に『友達と飲みに行く』と言って『あー、合コン?笑』とか『飲み会って会社の人?』とか、ちょっと不安がってるとわかるLINEがくるとうれしい。好きな子にはちょっと嫉妬されたり、心配されたい」(32歳男性/証券)

好きな人にかわいく嫉妬されるのがうれしいと思う男性が多いようです。

ポイントは、「かわいいヤキモチ」。「どこに行くの?」「女の人もいるの?」と冗談には思えない発言は、重い女だと思われることも……。

好きな人にかわいく嫉妬されたら、男性もうれしくてたまらないでしょうね。

テキストもいいけど通話も◎

「テキストもいいけど、通話もいいよね。なんかテキストだけの関係と、通話もできる関係って全然違うじゃん? 通話ができる関係の方が距離が近いし、両思いなんだろうなっていうのもわかる」(27歳男性/IT)

ただテキストのやりとりをするよりも、親密感が増すのが通話。

通話は「その人のために時間を使っている」という意味が強まるし、距離も近づいているように感じます。

そのぶん相手の状況に左右されやすいので、「今電話できる?」と事前に確認するのがベストですよ。

LINEはお互いの距離を縮めるのに便利なツールです。

男性のテンションが上がっているのがわかったら、その後2人の関係は発展していくでしょう。

ふだん言いづらいことも、LINEでかわいく伝えてみてくださいね。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)