いいなと思う男性がいると、彼は自分のことをどう思っているか気になりますよね。

男性には、「好きな人にだけ特別にすること」があるようです。

今回は男性が好きな人にだけやることを、経験談とともにご紹介します。

気になる彼がいる方はぜひチェックしてみてください。

特別扱い♡男性が好きな人にだけやること4つ

重いものを持つ

「相手が普通の女友達なら、その人が沢山荷物を持っていても気になりません。でもそれが好きな人だと助けてあげたくなります。買い物デートでも重いものは持たせませんよ」(32歳男性/医師)

あなたが重いものを持っているときに、迷わず手伝ってくれるようであれば彼はあなたに好意を寄せているはず。

気が利くのと自分の力強さをアピールできるので、男性にとってはもってこいな方法なのかもしれませんね。

待ち合せずに会いに行く

「友達と遊ぶときは、なるべく自分の家の近くを待ち合わせ場所にしますが、大好きな女性と会うときは違います。時間や交通費をかけさせるのは申し訳ないので、自分から会いに行きます」(34歳男性/金融)

本当に好きな人と会うときは、自分から会いに行く男性がいるようです。

好きな人には無駄な時間やお金を使わせたくないという気持ちがあるよう。

こんな特別扱いをされたのなら、男性はあなたに好意があると思っていいのかもしれませんよ。

女性関係の隠し事をしない

女性関係の隠し事をしない

「気になる女性がいるときは誤解されたくないので、女性と2人で出掛けることは避けます。バイトや部活関係の女性と食事など、どうしても必要な場合は聞かれなくても自己申告します!」(22歳男性/大学生)

男性は付き合っていない段階でも、好きな人には誤解されたくないよう。

本当に好きな人には遊び人だとか、浮気しそうだなんて思われたくないのです。

そもそも2人で出かけるのをやめて、どうしてもの時ときはしっかり女性に伝えておくことで、「やましいことはない」というアピールをしているのでしょう。

食事ではごちそうする

「カフェでもメシでも友達におごってもらえたらラッキーと思っちゃいます。でも、彼女や特別な女性にはおごらせることはない。器の小さな男、と思われたくないし、むしろごちそうしてあげたい」(26歳男性/会社員)

友達と一緒なら割り勘やおごってもらうことに抵抗がない男性でも、好きな人には財布を出してほしくないと思うようです。

男性と一緒に食事をしたときにスマートにごちそうしてくれたのなら、あなたは彼にとっての特別な存在なのかもしれませんよ。

好きな人にはとびっきり特別扱い

男性は、好きな人には特別扱いしたくなるようです。

気になる彼から特別扱いされていると感じたのなら、付き合うまであと一歩なのかも…?

彼からのサイン、しっかり受けとってくださいね。

(愛カツ編集部)