占星術は、過去はもちろん、遠い未来をも占うことができます。

人間の一生は星のそれに比べれば一瞬。

来世すらも星が紡ぐ物語の一部なのです。

男女の12星座別に、来世でも深い縁や関わりのある組み合わせ占ってみました。

12星座で占う♡来世でも深い縁がある男女カップル10選

いて座(11/22~12/21)の女性×みずがめ座(1/20~2/18)の男性

【来世では違いを理解する】

直感で行動するいて座女性と、論理的なみずがめ座男性。

お互い、自由を求めるうえで少々タイミングが違うなと思っています。

そう思ったことが来世の記憶として引き継がれ、今度はその違いを理解してみよう、という縁となるでしょう。

おひつじ座(3/21~4/19)の女性×しし座(7/23~8/22)の男性

【来世に持ち越す】

自分が一番スゴイと思っているしし座男性ですが、実はおひつじ座女性の行動力とパワーには一目置いていて、うらやましいとさえ思っています。

でも現世ではパワフルな彼女へのアプローチ方が決められず、来世に持ち越してしまうことがあるのです。

おうし座(4/20~5/20)の女性×うお座(2/19~3/20)の男性

【来世では展開が速い】

恋愛をするなら、まず成就の完成図を作り上げてからアプローチを進める、おうし座女性。

しかし、恋愛に対して純粋すぎるうお座男性には、計画が重すぎて、サクサクと進みません。

そのため、もうちょっと……というところで、来世に。

来世では展開が速いでしょう。

かに座(6/22~7/22)の女性×おとめ座(8/23~9/22)の男性

【近しい関係でめぐり会う】

「家庭的」というキーワードを持つ星座同士。

現世で出会ったとしたら、おだやかな愛へとゆっくりと進んでいきます。

来世では恋愛関係もありえますが、親子や兄弟姉妹、親戚など近しい関係でのめぐり会いが暗示されるでしょう。

しし座(7/23~8/22)女性×おひつじ座(3/21~4/19)男性

【エネルギーが呼び合う】

しし座の女性とおひつじ座の男性のエネルギーはとても大きく、現世はもちろん、来世でも強く惹き合います。

ふたつのエネルギーが呼び合って、ひとつになろうとする力が強いので、来世で遠く離れた場所に生まれても、一緒に過ごすことになるでしょう。

ふたご座(5/21~6/21)の女性×やぎ座(12/22~1/19)の男性

【憧れる気持ちが縁になる】

現世では、仕事の成果としての肩書や収入金額に執着しがちなやぎ座男性。

リアリストゆえですが、とはいえむなしさも感じています。

反面、堅実さに憧れることもある、今を楽しむふたご座女性。

共通点が少ない2人ですが、自分にない部分の憧れの気持ちから来世での縁につながるでしょう。

うお座(2/19~3/20)の女性×うお座(2/19~3/20)の男性

【来世でも求め合う】

同じ資質を持つうお座同士の2人は、来世でも同じ流れの中に生まれ落ちそうです。

同じ星座ならではの親近感は何にも代えがたく、出会ってすぐに旧知の仲になりそう。

会話も楽しく、気持ちも楽。

現世に引き続き、求め合う恋愛をすることでしょう。

いて座(11/22~12/21)の女性×やぎ座(12/22~1/19)の男性

【一番気になる】

いつも新鮮で刺激的な恋愛を求めているいて座女性と、恋愛で冒険をすることはほとんどない現実主義のやぎ座男性。

なかなか現世で恋を交わす相性にありませんが、恋愛をしたらどんな感じなのか、お互い一番気になる相手。

来世でその疑問を解くでしょう。

てんびん座(9/23~10/23)女性×さそり座(10/24~11/21)男性

【ラブラブな関係】

自分だけの愛を見つけるために、社交術が磨かれるという宿命を負っている、てんびん座女性。

愛情が海のように深いさそり座男性と結ばれると、現世のみならず来世でもその縁が続くほどの、ラブラブな関係となるでしょう。

かに座(6/22~7/22)女性×さそり座(10/24~11/21)男性

【不思議な縁でめぐり会う】

前世からの結びつきがあり、来世でも縁を持つ2人です。

現世では生まれ育った場所がまるで違っていて、生活で接点がない場合にも、不思議な縁でめぐり会います。

そして来世では、初対面のときに「あれ、会ったことある」と運命を感じるでしょう。

来世まで続く熱い恋を!

現世で結ばれなくても来世で……という恋愛ドラマはよくありますが、星座の物語の中では現実のこと。

今世では結ばれない事情があったとしても、来世では結ばれやすくなっているかも。

来世まで縁が続くほどの熱い気持ちで恋愛できるといいですよね!

(明石実夕/占い師)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)