上品な立ち振る舞いができる女性は、同性から見ても「素敵だな」「育ちが良さそう」など、好感度が高いですよね。

そんな品のある女性に対して男性も「魅力的な女性だな」「交際してみたい」と憧れを持つようです。

今回は、男性の体験談をもとに、品のある女性とそうでない女性の違いを3つご紹介します。上品な女性を目指している人は、参考にしてみてくださいね。

「品のある女性」の特徴とは?男性に聞いた3つの違い

姿勢の良い堂々とした歩き方かどうか

「お客さんの中でも、上品な雰囲気の人と、残念だなって感じの人はいるんですよね。上品な女性って、歩き方がキレイなんですよ。

背筋がシャンと伸びてて、堂々としてるというか。話を聞いても、自分に自信があって魅力的な女性が多いなと思います」(26歳男性/美容師)

男性から「品のある女性だな」と思われる女性のポイントは、意外にも歩き方にありました。

背筋がちゃんと伸びていて、堂々とした歩き方の女性には、「品があるな」と感じるようです。とはいえ、自分の歩き方を常に意識している人は少ないかもしれません。

街を歩くとき、ショーウィンドウに映る自分の姿などをチェックして、美しく歩く練習をしてみるのもいいかもしれませんね。

清潔感があるかどうか

「やっぱり、いつもパリッとした服を着ていたり、髪の毛にツヤがあったり 清潔感のある女性は品があるなと思います。

逆にシャツにアイロンがかかってない感じだったり、靴が汚れてる感じだったりすると、どうかなーって思っちゃいますね」(23歳男性/営業)

この方のように、清潔感があるかどうかを見ている男性も多いのかもしれません。

定期的に美容院に行ったり、毎日のシャツはもちろん、ハンカチなどにもきちんとアイロンをかけたりして、清潔感を保つよう意識してみるのもいいでしょう。

人の悪口ばかり言わないかどうか

「口を開けば、人の悪口とか不平ばっかりの人は、ちょっと下品だなと思います。

前に付き合っていた人が、付き合い始めたら職場の人の悪口ばっかりになって。品がなさすぎると思って別れちゃいましたね」(28歳男性/金融)

誰しも多少のグチは言うものですが、人の悪口や不平不満ばかりが話題に上がってしまうのは、その人の品性に関わってくる問題といえるでしょう。

とくに、交際が始まってからの話題には注意したいもの。

せっかく好きな人と付き合えても、「品がなくて、一緒にいるのはしんどいな……」と思われてしまっては残念ですよね。

内面から品の良さを身につけていくと、さらに男性からの好感度が上がるでしょう。

上品な女性を目指して

日頃の歩き方や清潔感の有無、話す内容など、男性は意外と様々な角度から女性を見ているようです。

服装や立ち振る舞い、話す内容などを自分でも再度チェックして、上品な女性を目指したいもの。取り組みやすいところから始めてみてくださいね。

(愛カツ編集部)