気になる人とLINEをしているときに、既読スルーをされたらショックですよね。

なぜ、男性は既読スルーをしてくるのでしょう。

そこで今回は、男性がLINEを返してくれない4つの理由をご紹介します。

【既読スルー】男性がLINEを返してくれない4つの理由

ゆっくり返信したい

「仕事中とか忙しいときにLINEが来たら、とりあえず即レスが必要な内容か確認して、そうでなければ後でゆっくり返信することもあります」(28歳男性/営業)

LINEが届いても、忙しい場合はすぐに返信できないこともあります。

その場合は、内容だけ確認してそのまま保留にしておく男性が多いのだとか。

しかし、そのままLINEが来ていたことを忘れてしまって、既読スルーしてしまうことがあるようですよ。

脈なしアピール

「タイプではない女性からLINEが来たときに、脈なしなのをアピールするためにわざと既読スルーすることはあります。たとえば、好き好きアピールが激しい女性とか」(29歳男性/販売)

あまりにも男性に対して好きアピールが激しかったり、アプローチが露骨な女性には、脈なしなのをわかってもらうために既読スルーをすることもあるようです。

とくに彼女がいるのにお構いなしにアプローチを仕掛けてくる場合に多い様子。

もし既読スルーされたら、相手に彼女がいないかどうか、相手に迷惑をかけていないか注意してみるといいかもしれません。

内容が返信しにくい

「返信しづらい内容だと、既読スルーしちゃうことがありますね。だから、何か質問をされているわけじゃなければ、内容を見て終わりにすることもあります」(25歳男性/事務)

質問をされているわけでなければ、返信する必要性をあまり感じないもの。

たとえば、女性から「うん」としかLINEが返ってこなければ、男性は「LINEする気ないのかな」と思ってそのままスルーすることも。

他にも、「お酒飲んでます」のように報告系のLINEも、男性からすると返信しづらい内容です。

がっついてると思われたくないから

「この人、女性からのLINEには光の速さで即レスしてくるって思われたくないじゃないですか。だから自分は時間をあけたり、日をあけたりします」(27歳男性/フリーター)

彼女を作るのに必死な男と思われるのを避けたり、女性にがっついている男と思われたくないがために、あえて既読スルーをして返信を遅らせることもあるよう。

LINEの内容だけではなく、LINEの返信時間も計算してLINEをしているのです。

これも駆け引きの一部ですが、面倒と思うなら「即レスしてくれる人が好き」と言ってみると改善されるかもしれません。

既読スルーの真意を見極めて

今回は男性が既読スルーする理由についてご紹介しました。

既読スルーをする理由には脈ナシアピールから、自分の好意を隠すためなどさまざまあるよう。

LINEが始まったきっかけが男性なのか自分なのかで、その理由が少しは見えてくるはず。

2人の関係性を意識してみると分かりやすいかもしれません。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)