八方美人

デートをしていても、交際をしていても、自分が彼の本命であるとは限りません。

相手のなかでは、キープしている女性のひとりである可能性が。

相手が自分のことを本気で好きじゃないのに、のめり込むのは避けたいですよね。

今回は、相手が「本命かどうか」を見極めるポイントをご紹介します。

【わたしって特別?】自分が「本命かどうか」を見極めるポイントとは

LINEで会話を盛り上げようとしてくるか

彼があなたに送るLINEは、どんなメッセージですか?

相手からくるメッセージが、あなたの質問に答えるだけで、質問されたり会話を盛り上げたりすることがないのなら、本命ではない可能性があります。

もちろんLINEが苦手で、一言二言だけど一生懸命返信している場合があるかもしれません。

しかし、本当に好きなら相手のプライベートが気になっていろいろ質問したり、自分の日常の何気ない写真を送ったりと、相手が不安がらないように何かしら工夫をする男性は多いもの。

「なんかロボットとLINEしているみたい……」と感じるのなら、残念ながら本命とは言いにくいかもしれませんよ。

あなたに会いたがるかどうか

彼のほうからあなたに会いたがるかどうかも、本命か否かを見極めるポイント。

いつもあなたから「会いたい」と言って会うのか、それとも数回に一回は彼のほうから「会いたい」と言ってデートに誘ってくれるのか……。

もし、一度も彼から誘われたことがない、ここ最近「会いたい」と言われていない、というケースは本命ではない可能性があります。

本当に好きな人であれば、忙しくても時間を作って会おうとするはず。

そういう強い気持ちが感じられないのなら、あなたの優先順位は現状かなり低いのかもしれません。

その都度報告してくれる

先に報告する

彼の身の回りの出来事をその都度報告してくれるのか、それとも事後報告なのかを見ることで、彼の気持ちがわかります。

たとえば転職や引っ越し、入院や海外旅行など、比較的大きな出来事を後から報告されたらモヤっとしますよね。

久々に会ったときに「俺そういえば、先月引っ越したんだよね」とか「2週間前、仲間とオーストラリアにサーフィンしに行ったんだけどさ」なんて言われたら、ちょっと寂しいですよね?

コミュニケーション不足というか、「私は彼の大事な人ではないのかな……?」と感じるのではないでしょうか。

その違和感、アタリです。本当に大事な人には、事前に報告することが多いはず。

もし事後報告が多いのなら、あまり期待しないほうがいいかもしれませんよ。

彼の気持ちを見極めよう!

好きな気持ちは、相手に漏れやすい傾向があります。

そのため、あなたが「本命なのかな……?」と不安になる時点で、本命である可能性は低いかもしれません。

しかし、あいまいなポジションから本命になれることもあるので、彼を諦めたくないのなら真摯に向き合うのが大事です。

諦めたら本命にはなれないけれど、諦めなければ可能性はありますよ。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)