どんなに仲のいいカップルでも、彼氏の言動に不安を感じることも多少はあるもの……。

監視の目を光らせた結果、必要以上に束縛してしまうケースも。

男性からすれば彼女の気持ちを鑑みて、多少の束縛は我慢できても「さすがにうざい」と感じてしまう境界線があります。

今回は男性が我慢ならない束縛について聞いてみました。

ボーダーラインはどこにある?男性が考える「うざい束縛」とは

人間関係を制限

「女の子がいる場所に行くときは教えてと言われるのは納得するけど、『〇〇くんとは遊ばないで』『女の子の連絡先全部消して』はやりすぎ。人間関係を壊すのが当然と思っているような子、スマホを見るのもナシですね」(29歳男性/エンジニア)

「新たな恋愛のための出会いを求める場に出かけるのはやめてほしい」のはわかるけど、すでにある人間関係にまで口を出すのは、「そんな権利ないだろ?」と男性も反発します。

彼女になればどんな横暴も許されるわけではありません。

「付き合うのは無理」と振られるのは、束縛する女性のほうかもしれません。

行動を制限する

「趣味の時間を『まだ終わらない?』とか、一人で服を買いに行くと言えば『私も行く!』、友達と会うのに『紹介して』とついてきたがる彼女はウザイ。監視するのも束縛だし、人権がない感じでつらい」(26歳男性/営業)

他の項目は「ここまでは許せる」許容範囲がありましたが、行動の制限や監視については絶対に嫌だという声がありました。

「旅行?ほかの女と一緒では?」「趣味だと嘘をついて、浮気しているのでは?」こんな気持ちが高まり、彼の行動を制限したくなったら、それはもう愛ゆえの嫉妬ではなく、意地になっている状態かも。

男性も「そんなに信用できない男と一緒にいてうれしい?」「闇がありそう」と感じています。

監視することはできても、心を制限することはできません。ある日突然「もうムリ」と言われてしまうかも。

連絡を催促する

連絡を催促する

「飲み会や、友達と遊ぶ予定を知らせてと言われるのは、ウザいけど彼女だしとガマンできる範囲。
でも、飲み予定を知らせておいたのに『まだ終わらない?』『本当に友達?』と、ちょこちょこLINEが来るのは勘弁してほしい」(24歳男性/販売)

会えない時間の彼氏の動向を知りたがる彼女の気持ちには、男性も理解を示します。

でも、安心させようと正直に予定を伝えたのに、そこに横槍を入れるのは「卑怯」と思われてしまうかも。

彼女に安心してもらい、自分の時間も楽しめるのが男性としては理想のはず。

「ここまでしてもダメなら」と、ウソの予定を伝えられるようになるかもしれませんよ。

いくら彼女でも…

多少の嫉妬はかわいいけど、不信感を丸出しにして、彼の行動や人間関係に口出しするのは「ナシ」ということのよう。

過剰な心配は「あなたを信用していない」というサイン。彼にとっては失礼な一面も。

「彼女なんだし、これくらい従って!」という傲慢さがないか、振り返ってみるべきでしょう。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)