あなたの周りに、「付き合ってないけど何度か会う関係の男性」はいませんか?

ただの友達としか思われていないのか、今後進展する関係ありなのか……自分では判断が難しいですよね。

今回はそんな男性からの「会いたい」にはどんな意味があるのかをご紹介します。

彼の言動を思い出しながらご覧ください。

【知らなきゃソン】男性からの「会いたい」の意味

あなたに興味がある

相手のことを「知りたい」と思うときは、相手に魅力を感じている場合が多いです。

「知りたい」と思った相手とはできるだけ多くの時間をともにしたいもの。

そうして知っていくうちに、恋愛だけでなく人として尊敬したり、信頼したりしていくこともあります。

まずは恋愛関係としての意味だけではなく、単純に「あなたに興味がある」という状態なのかもしれません。

カラダ目的

男性からの「会いたい」で注意したいのが、「カラダ目的」である場合です。

いいなと思っている男性に「会いたい」と言われるとうれしくなってつい会ってしまう女性もいるかと思いますが、思い返してみましょう。

夜のお誘いがほとんどだったり、急なお誘いが多かったりしませんか?

事前に約束をしないパターンは「カラダ目的」な可能性が高いといえます。

良好な関係築けている

良好な関係築けている

気兼ねなく相手を誘えるのは、「相手とは良好な関係を築けている」や「相手に嫌われていない」という思いの表れである場合があります。

恋愛的な意味だけでなく、同僚として、上司として、友人として……など、関係によってさまざまな違いがあるでしょう。

少なくともあなたが彼を嫌っていない、もしくは好印象を抱いていると思っている可能性が高いです。

男性も嫌っている相手を誘うことはあまりないはずなので、良好な関係を築けているといえます。

会うことに価値を感じている

人に会うこととは、そのぶん時間とお金を費やすことです。

彼は「あなたに会う=それだけの価値がある」と考えているのかも。

楽しい会話ができる、褒めてくれるなど会話面のことから、見た目が好きだから、癒されるからなど外見にかかわることまで理由はさまざま。

男性が「会う価値がある」と思われているからお誘いを受けるのでしょう。

あなたも同じだけ価値を感じられるあいてだと、いい関係を築けているといえます。

「会いたい」の理由はさまざま

男性からの「会いたい」にはどんな思いが込められているのかをご紹介しました。

当てはまるものや心当たりのあるものはありましたか?

彼との関係を見直し、よりよい関係を目指しましょう。

(森野ひなた/ライター)

(愛カツ編集部)