中途半端な恋愛をしていると、モヤモヤした気持ちでいっぱいになることもあるでしょう。

「遊ばれたことがある」「辛い失恋経験がある」となると、なおさら不安を感じてしまうもの。

本気で自分を愛してくれる相手かどうか、早い段階で見抜いて素敵な恋愛を手に入れましょう。

そこで今回は、「付き合う気がない男性の言動」を4つ紹介していきます。

本当に好きなの…?「本気で付き合う気がない」男性の言動4つ

自分の話ばかりされる

自分の話ばかりして、女性への共感が全くない男性に会ったことはないでしょうか?

残念ながら、こうした男性は「承認欲求を満たしたいだけ」の可能性があります。

その男性にとって「恋愛=自分の欲求を満たすツール」になっているかもしれず、女性の気持ちや価値観に関心を示すことはほとんどないでしょう。

また、承認欲求が強い男性は「モテてる自分」を実感したがる傾向も。

歯の浮くような言葉や紳士的な振る舞いを徹底してくれると、一見お姫様扱いしてくれるように感じるでしょう。しかし、彼が求めているのは「あなたって素敵な男性」という評価なのかもしれません。

女性から好意的なアプローチをした途端に手を緩め、それ以上に愛情を注いでくれなくなる可能性も大きいでしょう。

会話の内容が「自分の承認欲求を満たすため」か「相手に寄り添って仲良くなるため」かを見抜きましょう。

見た目しか褒めてくれない

見た目を褒めてくれるのは嬉しいもの。

ですが、「かわいい」「ホント美人だよね」と言ってくれる男性の全てが、恋愛感情を抱いているとは限りません。

本気で好きなら「ちゃんと内面を見てるよ」というアピールがあるはず。見た目だけでなく、きちんと人柄を見て向き合ってくれるでしょう。

精神的な恋愛を望んでいるときほど、無理に「いい女」を演じすぎず、自分らしい自然な振る舞いを増やしましょう。

素の自分を隠してしまうと、見た目で判断する男性を引き寄せてしまい、「付き合ってくれない」「付き合っても息苦しい」といったネガティブな結末を招きやすくなってしまうかも……。

過去の恋愛をオープンに話される

多くの男性が、本当に好きな女性に対しては慎重に話題を選ぶでしょう。

とくに過去の恋愛談は「恋愛対象外にされる」「幻滅される」などのリスクがあるため、はぐらかしたり、プラスな情報だけ伝えたくなったりするもの。

にもかかわらず、もし過去の恋愛をオープンに話しているなら、その男性は自分と付き合うつもりがないのかもしれません。

「ワンナイト」「浮気」「二股」などの話題が出た場合は要注意。

遊びの関係性に持ち込みたいとき、こうした過去の恋愛談を暴露して女性の反応をうかがい、受け入れてくれそうならそのまま関係性を進展させる可能性があります。

遊びの関係性を望まない場合は、こういった言動に注意し距離を置いたり同調しすぎないようにしましょう。

あからさまな口説き文句ばかり

女性をドキドキさせる口説き文句が多いのは、「ナルシスト気質」だったり、「ゲーム感覚」だったりするからなのかもしれません。

女性を巧みに口説いている自分が好きで、女性との会話などを通して「自分の存在価値」を満たしているのでしょう。

「ガードの固い女の子を攻略できた」「美人を惚れさせた」など、女性を口説き落とすことにステータスを感じて、ゲーム感覚で口説く男性も……。

もちろん、全ての男性がこうした意図を持っているわけではありませんが、リップサービスか過剰に感じたときには、真に受けすぎず冷静にふるまってみましょう。

「内面」へのアプローチを大切に

「付き合いたい」「本気で好き」と思っている男性は、相手の内面を見てアプローチしてくれるでしょう。

相手の態度を見て、今回ご紹介した項目に当てはまる場合は、一旦距離を置いたり客観視することも大切。

あせらずじっくりと、本当に幸せにしてくれる誠実な男性を見つけましょう。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)