「恋は盲目」とよく言われますよね。

あなたにも、周囲が見えなくなるほど、誰かを好きになった経験があるのではないでしょうか。

しかし、恋愛に集中しすぎると、お付き合いが短命に終わってしまう可能性もあります。

そこで今回は、「長続きするために大切なこと」を3つお伝えします!

短命に終わらせない!彼と長続きするために大切なこと3つ

彼をあなたのものだと考えない

恋人関係になったからと言って、彼はあなたの所有物ではありません。

彼にも仕事や友人関係があり、その中で「好きな人」なのが彼女だということ。

あまり過度に「返事が遅い」や「誰とどこに行っていたの」などと束縛すると、彼のテンション下げてしまう結果に。

彼も最初のうちは「大切な彼女が、自分を愛してくれている」と思っているかもしれませんが、段々と重く感じてくるでしょう。

それが耐えられなくなるのが、おおよそ3ヶ月程度。

短命に終わるカップルは、意外と女性の束縛が原因になっていることが多いんですよ。

ベタベタしすぎない

好きな彼と付き合えることになれば、独り占めにできるし、いつもくっついていたいと思いますよね。

でも、もしかしたら付き合う前とのギャップに対応できず、中には少なからずストレスを感じる人もいるでしょう。

そうなると「やっぱり少し違ったみたい」と、去ってしまう可能性もあります。

愛し合いたいのはもちろん大事ですが、最初は少しずつ関係を深めていく方がいいですね。

気持ちに素直になる

好きで好きで仕方なかった彼をゲットできると、それはそれで不安になることもあるでしょう。

どうやって彼と接したらいいのか、どうやって愛を表現したらいいのかがわからず、彼に冷たくしてしまったこと、あるかもしれませんね。

でもそれは、彼を不安にさせてしまい、さらに彼からの愛情をあなた自身で失わせている状態です。

せっかく恋人になったのですから、連絡したり会いたい気持ちを遠慮しすぎてしまうのは厳禁。

素直な気持ちで接することも大事ですよ。

関係を徐々に深めて

よくある短命に終わる原因には、主に急なテンションの変化にあります。

付き合うまでは控えめだったのに、付き合い始めてからテンションが上がりすぎていたり、その逆も然りです。

付き合い始めたその日から関係が急激に変化する訳ではないので、少しずつ関係をステップアップしてければ、いいお付き合いをしていけるはずですよ。

(なぎさ/ライター)

(愛カツ編集部)