あなたがよかれと思って言った言葉も、もしかしたら男性に嫌な思いをさせているかもしれません。

では男性は、どんな言葉を言われると傷つくのでしょうか?

お互いに嫌な気持ちにならないためにも、今回はその言葉をご紹介します。

その発言はダメかも…気づかぬうちに男性を「傷つけてしまう言葉」

コンプレックスに触れる

「好きだった子に『細くてうらやましい!』って言われて。
僕は華奢な体格がコンプレックスだったので、遠回しに「男らしくない」といわれているようで落ち込みました」(22歳男性/大学生)

「細い」という言葉は、女性なら誉め言葉になることも多いもの。

しかし、男性にとっては細さ=コンプレックスであることも少なくありません。

すでに多くの人から言われ、嫌気がさしている言葉かもしれないので、容姿や体形についてはあまり触れないようにしましょう。

他の男性と比べる

「前の彼女は、『○○くんはもう試験合格したんだって!』『○○ちゃんの彼氏は年収800万らしい』など、周りの男性と僕をよく比べる人でした。

『じゃあそういう人と付き合えば?』って思いますし、気分も悪いです」(25歳男性/金融)

あなたも、他の女性といろいろ比べられたら嫌気がさしますよね。

それは男性も同じです。

そして「自分のことを頼りにしてほしい」と思っている男性も多いので、他人と比べて自分の方が劣っていると思うと、深くプライドが傷つけられてしまうでしょう。

知らず知らずのうちに男性を傷つけることのないよう、周囲の人と比較する発言は避けた方がいいでしょう。

「なんでもいいよ」と丸投げする

「元カノは、『今日どこ行く?』『お昼ごはんは何がいい?』と聞いても、『なんでもいいよ』と答える子で、いつも僕が考えなきゃいけないのでめんどくさかった。

デートは、『ここはどう?』『そこ行きたい!』と話し合って決めるのが楽しい」(28歳男性/IT企業)

相手のことを気遣うあまり、女性が言ってしまいがちなのが「なんでもいいよ!」という言葉。

相手に合わせ過ぎるのは、「人任せ」とも捉えられるため、積極的に意見したほうがいいかもしれません。

そのほうが、男性からも好印象のはずですよ。

こんなNG言葉を使わないように!

よかれと思っての発言も、男性を嫌な気分にさせてしまうケースがあるようです。

せっかく芽生えた恋心をつぶしてしまうことのないよう、発言には十分気を付けたいですね。

今回紹介した言葉は、不快に思う男性も多いので避けましょう。

(愛カツ編集部)