一日の大半を職場で過ごす人にとっては、出会いは職場だけになりがち。

気になる同僚や後輩、上司がいる人も少なくないと思います。

しかし、「職場恋愛ってアピールしづらい……」なんて感じたことはありませんか?

今回は、同じ職場の彼に送るべきLINEのポイントをご紹介します。

距離感が大切!職場の気になる男性に送るLINEで気を付けること

プライベートのアピールはほどほどに

ふだんは仕事の話しかしないから、LINEでプライベートをアピールしたい!と思ったことはありませんか?

じつはこれ、正解とは言えません。

男性にとって、興味のない女性のプライべートには反応が困る可能性があります。

LINEは「相手の興味を知り、約束を取り付けるためのツール」程度にとどめておくといいかもしれません。

ふだんとのギャップを狙うよりも、着実な約束のために利用しましょう。

検索機能を上手に使う

LINEの検索機能を使ったことありますか?

LINEの友だちが表示されるだけでなく、トークの履歴を単語ごとにも検索できる機能です。

その機能を生かします。男性がよく検索しそうな「誕生日」や「遊び」、「飲み」などの単語を取り入れたメッセージを送ります。

実際に「〇〇くんの誕生日お祝いしたいね」などと直接話題にしなくても、「友達の誕生日で~」と間接的に取り入れるだけでも検索でヒットします。

検索するたびにあなたの名を目にすることで、思い出してもらえる機会が増えるかもしれません。

仕事の話をしすぎない

仕事の話をしすぎない

同じ職場だからこそ、仕事を話題にしがちな人がいます。

でも、休みのときまで仕事の話をしたくないし、なにか探られているような気になる男性もるよう。

同じ職場だからと言って、仕事の話をしすぎるのは危険だといえます。

「明日朝早いけど頑張ろうね」や「仕事お疲れ様!」などにとどめましょう。

控えめだけど、印象に残るLINEを

職場が同じ人とのLINEは、慎重になる男性もいるようです。

あまり距離を縮めようとしすぎず、かといって仕事の話になりすぎないように注意しましょう。

LINEに頼りすぎず、あくまでも「利用する」程度にとどめるのがポイントですよ。

(お坊さん 恋愛コーチ さとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)