「あ……素敵な人だ。ぜひお近づきになりたい!」こんなふうに思わせられる女性になれたら、自然に恋のチャンスも増えそうですよね。

もちろん、ただ普通にそこにいるだけでは憧れられる存在になることはできません。

そこで今回は、職場でモテまくる女性の特徴をご紹介します。

憧れの的♡職場でモテまくる女性の特徴4つ

姿勢がいい

仕事中の姿勢が悪いと、見るからに疲れていてだるそう、イヤイヤ仕事をやっていそうな印象を与えます。

ぜひ、背筋を伸ばして軽快に歩き、横着な姿勢をとらないように注意。

男性の視界に入ったときに、美しくスマートに仕事をしている姿が映るよう、ときどき、今の自分がどう映っているか、第三者の視線を意識してみるといいかもしれません。

見出し内容がちゃんとしている

どんなに中身が素敵な人でも、第一印象が悪ければ、「いい人だ」と思ってもらうことは難しいものです。

印象の多くは、視覚から取り入れられるから。つまり、憧れられる存在になるためには「身だしなみ」が第一!

スーツにシワがない、上品でセンスのいい服を選ぶといったことのほか、ニオイにも気をつけておきたいところ。

寒い日は「汗かかないから大丈夫!」と思っていても、通勤の電車や室内の暖房などで汗ばむ機会もじつは多いもの……。

湿度が高い季節は、洗濯物のニオイにも注意が必要です。

香水は、動いたときにふわっと香る程度がベスト。自分でも常に香りがわかるような状態だとつけすぎの可能性が高いので、ワンプッシュくらいにとどめておきましょう。

仕事をしっかりこなす

職場で憧れられる存在になりたいなら、もちろん仕事もしっかりこなしたいところ。

いくら仕事ができるように見えても、ミスが多く、いつも謝っていて、周りの人の手を煩わせているなら、憧れる……なんて思えませんよね。

まずは、自分の仕事に集中して取り組んでください。

また、仕事ができるとは、なにも自分ひとりですべてをやりきるということではありません。

求められている結果を出すのにベストな方法を、適切に判断できる人が、仕事ができる人ではないでしょうか?

協調性を大事にしている

たとえば、始業ギリギリで駆け込む人よりは、少し早めに出社してみんなに挨拶ができる人のほうが、朝の第一印象が良いもの。

そして、基本的にはいつも笑顔で!心に余裕があると感じてもらえる姿が理想的です。

また、楽しむときは楽しみ、仕事のときは一生懸命に取り組むなど、メリハリがある女性は、男性から見ても魅力的です。

自分のやり方や方法にこだわりすぎないのも、憧れられるのに必要な要素かもしれません。

今日から始めてみて

憧れられる存在とは、「あの人みたいにできたらいいな」「側にいるだけでドキドキする」と思ってもらえる人のこと。

基本的な身だしなみはもちろんのこと、これを機に仕事やコミュニケーションの方法について見直してみてはいかがでしょう?

きっとモテるようになりますよ。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)