LINEは、ときに恋愛のゆくえを左右するほど、大きな役割を果たすコミュニケーション手段の1つ。

恋の駆け引きをする上で、返信の内容やタイミングなど、押さえておきたいポイントもたくさんあります。

そこで今回は、意中の彼と疎遠にならないよう、「男性を遠ざけるLINE」をご紹介。

男性はどのようなLINEに冷めてしまうのでしょうか。一緒に見ていきましょう!

何気なく送ったメッセージでも…「男性を遠ざけるLINE」とは?

スタンプだけの連投

「スタンプだけで会話をするのはちょっと苦手。いきなりスタンプが送られてきたときには、だからなに?って思っちゃいました」(27歳男性/美容師)

さまざまな種類のあるLINEスタンプ。

LINEでメッセージのやり取りをする上で、アクセント的な役割を果たしてくれる便利なアイテムですよね。

しかし、男性はLINEは基本的に用件を完結に伝えてほしいと思っている人が多いので、スタンプのみの乱発はNG傾向にあるようです。

返信がないことへの指摘

「事がひと段落ついたので、返信しようとスマホを見たところ、画面いっぱいに彼女からのLINE通知が。
『どうしたの?』『忙しいかな?』など返信を催促するLINEが20件近く届いていました……恐怖を感じたので、彼女とは距離をおくようにしました」(27歳男性/不動産)

気になる彼からのLINEは、返信が待ち遠しくもなるもの。

しかし、恋愛を成就させるためには、相手のペースを尊重することも、忘れてはいけません。

返事の催促は、恋愛の駆け引きにおいてはタブーな行動ですよ。

恋愛は1人ではできないもの。どんなことであれ、相手との歩幅を合わせていくように心がけましょう。

この場合は、「LINEの返信ペースを合わせること」がそれにあたります。

かなりの長文

「長いメッセージを送ってくる女の子がいたんですけど、正直うんざりしていました。
スクロールしないといけないほど長い文章は、正直読む気が失せちゃいます」(27歳男性/商社営業)

女性にくらべ、男性は長々と文章のやり取りをすることに、苦手意識を持っている傾向があるようです。

そのため、女性から送られてくる長文LINEに、嫌悪感を抱く男性も少なくありません。

男性にマイナスな印象を与えないためにも、LINEの文章は短めがベターでしょう。

恋の成就はLINEしだい?

彼との距離を詰めるも離すも、LINEをうまく活用できるかどうかにかかっていると言っても過言ではないでしょう。

なんとなくやり取りしてしまいがちだな、と感じたら一度やりとりを見直すタイミングなのかもしれません。

彼との恋愛関係を発展させるためには、男性をひかせないようなLINEのやり取りを意識するのがベターでしょう。

今回ご紹介したNGエピソードを参考に、彼とのLINEを楽しんでみてくださいね。

(愛カツ編集部)