「彼氏には大切にされたい」のはもちろん、彼氏のほうが自分にゾッコンなのは理想的かもしれません。

付き合い始めは彼氏からの愛情を感じていても、だんだん自分ばかりが好きな状況に陥ってしまうこともあるでしょう。

それでは寂しいですよね?

できれば、彼氏からはずっと大切にされ愛されていたいもの。

そこで今回は「本命彼女だけに見せる『本気』の示し方」についてご紹介します。

彼の本気度がここでわかってしまうかも……?

本命だけだよ!男性の「本気」の示し方3つ

仕事にも力を入れる

「結婚生活で大事なのってお金だよね。やっぱり女性も安定した収入がないと不安だろうし。

それがわかっているから、彼女ができてからはいつも以上に仕事を頑張って、ある程度の貯金ができてからプロポーズしました」(35歳男性/営業)

本命彼女との今後を考える際に、やはりお金は重要な問題。

逆に、結婚をチラつかせながら、仕事を疎かにする男性は信頼しがたいですよね?

あなたを幸せにしたいと思うからこそ、目の前の仕事を精一杯頑張れるというものなのでしょう。

それが結婚するための一番の近道だからこそ、大変な仕事でも歯を食いしばれる、という声もありました。

周囲に公言する

「彼女と結婚する気があったら、付き合ってることを公にしても何の問題もないよね。むしろ好きすぎて、俺のほうが隠し通すなんてムリですね」(26歳男性/公務員)

「○○ちゃんが好きだよ」「ずっと一緒にいたい」と言いつつ彼氏が周りに2人の関係をひた隠しにしていたら、不安になってしまうもの。

「なんで周りに言ってくれないの?」「もしかしてやましいことがある?」と、愛されている実感が湧かないのではないでしょうか?

単にシャイな彼の可能性もありますが、彼の交友関係が全く分からなかったり、人前で関係性を伏せるようであれば、注意が必要かも。

ケジメをつける

「本命彼女を不安にさせたくないから、きちんと『付き合ってください』って告白するよね。

それがケジメかなって思うし。逆に都合のいい子には『好き』とすら言わないです」(24歳男性/通信)

告白だけじゃなく、同棲、プロポーズも、基本的に本命とはなし崩しにしません。

彼女の大切な人に認めてほしいからこそ、彼氏のほうから「ご両親に挨拶したい」もしくは「うちの親に会ってもらえないかな?」と切り出すこともあるでしょう。

もちろん男性によっては告白がないまま、流れで交際するケースもあるかも。

でも、そのほかの節目をすべて端折ろうとするなら、ちょっと考え直したほうがいいかもしれません。

彼の中で、「あなただけを本命にする覚悟」が足りていない可能性があります。

普段の様子を観察して

言葉で「好き」を聞くことは、もちろん嬉しいもの。

しかし、本気の彼女であれば、言葉だけでなく、行動で信用を得ようという心理が働くようです。

とくに、結婚を視野に入れている場合、彼の行動は要チェックです!

(和/ライター)

(愛カツ編集部)