あなたは、男性にわがままを言うのは得意ですか?

「言ったら嫌われそうで言えない……」「言えるけど、気を遣ってしまう」なんて思っていませんか?

じつは、男性にわがままと言ってさらに「かわいい」と思われる、わがままの言い方があるようです。

そこで今回は、男性に「しょうがないな〜」と思われるわがままの言い方をご紹介します。

男性に「しょうがないな〜」と思われるわがままの言い方って?

相手を褒めたあとにお願いする

男性にわがままを言いたいことが出てきたら、まず、褒めてから言うことを心がけて。

「なんか今日の髪型かっこいいね」「最近思うけどほんと優しいよね」など、相手が喜ぶことを言うことが大事。

嬉しい感情のままだと、多少のわがままを言われても「いいよ!」「しょうがないな〜」なんて、聞き入れやすくなります。

万が一、後から「わがまま言うために褒めたんだな!」と思われてしまっても、気分は良くなっているので、それもわかったうえで「かわいいな」と思われるはず。

できれば、相手が本当に喜ぶように褒めることが大事かも。

深く考えず素直に甘える

男性にわがままを言うことに対して悪気があると、相手にもそれが伝わってしまうことも。

「これは言い過ぎかな……」「見返りを求めてると思われちゃうかな」なんて考えすぎていると、わがままも、悪意があるわがままとして伝わってしまうなど、お互いあまりよくない感情になるかも……。

もし、男性がいる場面で、「ちょっとわがままかな」と思っても、本心からやってほしいことだったら、なにも考えずに思い切って発言していましましょう!

たとえば、目の前で男性が食べているものを見て、「食べてみたい」と思ったら、「それ食べたい!」「ちょっと分けて!」と、ストレートに言ってみて。

回りくどいわがままを言われるより、素直に悪気なく言われた方が、男性も気持ちよくて、「素直でかわいいな」と思うはず。

勢いで言う

最後に、楽しそうに勢いで男性にわがままを言っちゃいましょう。

楽しそうにしているだけで、見ている方もハッピーな気持ちになれますよね。

その勢いで、男性もわがままを言われたら、「なんか楽しそうだから聞いてあげよっかな」と、流されて受け入れてくれることも。

逆に、不機嫌に「〜してよ」「そんなの無理」と、言ってしまうと、言われた方も、「めんどくさ!」「なんで俺に言うの?」と相手も嫌な気持ちになってしまうでしょう。

わがままを言う女性は喜ばれる!

男性は、心のなかでは女性のわがままを叶えてあげたいと思っているかも。

もし、嫌そうな顔をされてもあまり気にせず、そのときのタイミングが悪かっただけで、別の機会に言ってみる、他の男性に言うなど気楽にかわいくわがままを言ってみて。

上級者になると、「今すぐアイス買ってきて!」「ここに連れて行ってくれないとヤダ」なんて、言いたい放題。

でも、それも全部かわいいと思ってもらえるんです。

ぜひ、「わがままを言うのにかわいい」と思われる最強な女性を目指してみて。

(麻生アサ/ライター)

(愛カツ編集部)