あまり会っていないけどLINEのやりとりはしていて、そのうち好きになるのはよくあることですよね。

LINE上で、あなたが優しくてかわいくて明るくて家庭的な女性のように振る舞えば、相手はあなたにメロメロでしょう。

そこで今回は、男性を洗脳して好きになってもらえるLINEを3つご紹介します。

そういえば好きかも…男性を「洗脳してメロメロにする」LINE3選

料理の報告や、周りの人とのやりとり

明るくて家庭的な女性は、男性に魅力的にうつるようです。

たとえば、「今日は弟のお弁当を作りました!」「白菜が安かったのでロールキャベツを作ります」など、写真とともに送れば、彼はあなたのことを料理ができる人、家族思いの人というふうに映りますよね。

ただし料理アピールは重いととらえる男性もいるので、相手の反応はちゃんと見てくださいね。

また、「後輩が彼のことで泣いていたので相談に乗った」や「上司がいつも明るいねって言ってくれたんですよ」なんてアピールすれば、明るい人なんだろうな、他人に優しい人なんだろうなという印象も勝手に持ってくれます。

優しさを遠回しにアピール!

気になる彼にLINEを送るときは、常に勝負と思っておきましょう。

それは、ありのままのあなたをLINEで送るのではなく、いいところだけを切り取って、もしくはいいところを特別に演出して送ることです。

たとえば、「優しさ」は鉄板。そのため、優しくてかわいく見える工夫をします。

たとえば「子どもが迷子になっていたから、一緒にお母さんを探してあげた」、「後輩がミスしちゃって残業してるので、今日は手伝って帰ります」のように遠回しに優しいアピールをしてみるのです。

実際に会っていないので、多少話を盛っていても相手にはわかりません。

こういうLINEがたまにあると、彼は自然と優しい子なんだなあと洗脳されるはずですよ。

好意はしっかりアピールする

好意はしっかりアピールする

直接「好き」とは言わないけれど、気のあるそぶりをするのもまた彼を釣るには有効的な手段です。

たとえば「〇〇さんってやさしいからきっとモテるだろうなあ」「〇〇さんのような人が上司だとがぜんやる気が出るのに」のように、人として好意を持っていることをちゃんとアピールすること。

そんなふうにちょくちょく好意を受けていたら、気づいたら彼も好きになっていた、好意を持っていた……ということになることもありますよ。

戦略的に彼のハートを掴む!

気づいたら好きになっていたと彼に思わせるためには、LINEを送るたびに仕込みが必要です。

手間ひまをいとわずせっせと仕込めた方が勝ちですよ!

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)