男性には、いくら大好きな彼女からでも言われたくない言葉があるようです。

もしそれを言ってしまうと、彼の気持ちが離れていくことがあるかも……。

今回は、男性の経験談をもとに「彼女に絶対言われたくない言葉」をご紹介します。

親しき中にも礼儀あり!男性が彼女に【絶対言われたくない言葉】

デートを楽しんでいない発言

「昔付き合っていた彼女とデートをしていたとき、彼女が『なんかおもしろいことないかなー』って言い始めたんです。こんな言葉が出るってことは、俺と一緒にいても楽しくないってことだよね?と、一気に気持ちが冷めてしまいました」(28歳男性/会社員)

付き合いが長くなってくると、デートも代り映えしないものになりがちです。

いくら気を許した相手であっても、今の状況を否定する言葉はNG。

悪気ない言葉だからこそ、もっと彼を傷つける可能性があります。

一度口に出すまえに、「この言葉を発したらどうなるか」を考えてみてください。

彼を疑う発言

「前の彼女と別れた原因は、繁忙期で連日遅くまで残業をしている僕に対して『本当に毎日残業してるの?』とまるで浮気をしているような発言をしてきたから。仕事と真剣に向き合っている男にとっては、この一言って最悪の言葉だと思います」(30歳男性/営業)

付き合っている相手とは、たくさん会いたいと考える方もいるかと思います。

会いたい気持ちが先行するあまり、彼を疑うような発言をしていませんか?

疑われていい気になる人はいません。

「仕事無理しすぎないでね」と彼を思うやる気持ちでいると、彼も喜んでくれるはずですよ。

彼のやさしさをくみ取らない発言

彼のやさしさをくみ取らない発言

「彼女の意見を優先しようと思ったのに、『もう少し自分で考えたらどうなの?』って言われたときは、『じゃあどうしろって言うんだよ!』とキレそうになってしまいましたね」(27歳男性/公務員)

恋愛は、相手を思いやる気持ちがなければ長く続かないでしょう。

仲良く交際するために、譲り合うこともあるかと思います。

あなたは、彼と話し合いをするとき、どれくらいの割合で譲り合っていますか?

あなたの意見が通りやすい場合は、彼があなたの気持ちを尊重してくれているのかもしれません。

そんな彼の気持ちを踏みにじるような、軽率な発言は控えましょう。

相手の立場になってコミュニケーションしよう

ケンカや気持ちのすれ違いは、いつも大きな出来事によるわけではありません。

ささいな一言がきっかけになる可能性も十分あります。

お互いに思いやる心を忘れなければ、今後もいい関係を築いていけるでしょう。

(愛カツ編集部)