彼氏は浮気しないと信じたいけれど、怪しい行動を取られると疑心暗鬼になってしまいます。

そこで今回は、彼氏が浮気をしているときの意外なサインをご紹介!

「もしかして……」と思ったときはチェックしてみてください。

【赤信号】彼氏が浮気をしているときの意外なサインとは…

「忙しい」と会ってくれなくなった

関係の落ち着いたカップルの会う頻度が減ってくるのは特別なことではありませんが、「会おうよ」といっても「忙しい」という理由で会ってくれない場合は浮気である恐れがあります。

忙しい理由がなんなのかを聞いても、「仕事」としか答えてくれない場合は、説明をするのが面倒だと感じているか説明したくない理由があるかのどちらかでしょう。

浮気の口実としてよく使われるのが残業や飲み会。部署異動や転勤をしていないのに急にそれらが増えたなと思ったら、何かを隠しているサインといえるでしょう。

あなたの浮気を疑う

LINEの返事が遅くなったり、連絡が取れない時間帯があるとすぐに浮気を疑ってくるようになった場合、それは彼が浮気をしているからかもしれません。

浮気をしている場合、相手の行動も怪しく見えてきてしまうことが多くなります。

自分が浮気を経験しているからこそ、恋人が同じような行動を取ったときにすぐに「もしかして?」と思ってしまうわけです。

自分が浮気をしている人は恋人のことも信用できなくなってくることが多いので、わざと疑わしい行動をしてみて反応を見てみるという方法もあります。

急にやさしくなる

意外かもしれませんが、恋人に対する罪悪感を抱かずに浮気をする男性はあまりいません。

浮気をする瞬間は恋人のことを考えていなかったとしていも、浮気をしたあとは恋人に申し訳ないという気持ちを抱く男性は多いもの。

そのため、急にプレゼントを買ってきたり、恋人を旅行に連れて行ったりと妙にやさしくなることもあります。

記念日や誕生日でもないのに、気遣いが多くなったら罪滅ぼしのつもりかもしれないので、「何か隠しごとしてない?」と突然聞いてみて、動揺しないかをチェックしてみてください。

おしゃれになる

普段は体型やおしゃれにあまり興味なかった人が急に香水をつけ始めたり、ダイエットをし始めたら浮気かもしれません。

少なくとも、自分をよく見せたい相手がいる可能性があります。

こまめに連絡を取ってみて、音信不通だった日があれば浮気をした日である可能性が高いかも。

次に会ったときに問い詰めてみるとボロを出すかもしれないので、浮気の証拠集めをしてみるといいでしょう。

浮気癖は治らない

彼が浮気をしている恐れがある場合、別れるかも含めてこれからの付き合い方を考えてみる必要があるでしょう。

自分が納得できる付き合い方を模索してみてください。

一度浮気をした男性の浮気癖はなかなか治らないこともお忘れなく。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)