彼とLINEを交換したはいいものの、なんて送ったらいいか分からない……。

そんな悩みを抱える女性も、少なくありません。

それにせっかくLINEするなら、彼との関係が進展するようなメッセージを送りたいもの。

そこで今回は、男性が「思わず返信したくなる」LINEの特徴をご紹介します!

胸キュン!男性が【思わず返信したくなる】LINEとは?

LINEですべてを話しきらない

LINEでは情報の一部だけ伝えて、「詳しくは会ったときに話すね!」と言うのは一つの手。

「会ったときに話す」という約束があるために、男性から「じゃあいつ会う?」と思わず返信したくなるのです。

そもそも男性のなかには、長々と続くメッセージを読むのは面倒……という人も少なくありません。

これらの理由から、彼とのLINEでは長くなりそうな話はすべて話しきらずに、直接会ったときのお楽しみを残しておきましょう!

「ありがとう」+「好き」

彼からなにか助けてもらったとき、彼に「ありがとう!大好き!」なんて軽いノリで伝えてみるのがオススメ。

対面じゃなくLINEだからこそ、サラッと言いやすいはず。

このLINEを見た彼は、たとえノリと分かっていても、女性からの「好き」がずっと頭から離れないでしょう。

そんなふうに考えるうち、彼は「困ったら、また声かけてね」なんて頼もしい返信をしたくなるはず!

さりげなく褒める

男性のなかには、気になる女性に「認められたい」という気持ちが強い人がいます。

そんな男性には、褒めるべきときにしっかり褒めるLINEを送るのが効果的。

たとえば彼が仕事で成果を出したとき、あなたを手助けしてくれたときなど。

こういうときには、「やっぱり〇〇さんはすごいです」とか「〇〇さんのおかげです」などとLINEしてみましょう。

すると、彼のなかで「その女性とのLINE=楽しい!」という気持になり、思わず返信したくなるのです。

「〇〇さんだけ」

「〇〇さんだけ」という一言は、優越感やプライドなど様々な男心をくすぐります。

たとえば「これは〇〇さんだけに話します」とか「その飲み会〇〇さんがいるなら行きます」と言ってみましょう。

すると、「他の男性はダメだけど、あなただけOK」という特別扱いに、多くの男性はドキッとするはず。

「もしかして俺のこと好き……?」と思うと、急にその女性を異性として見始める男性もいるでしょう。

LINEは「量よりも質」

意中の男性に送るLINEは、「量よりも質」が大事です。

そのため緊張などの理由から、彼にマメにLINEできなくても大丈夫。

たまのLINEで、今回ご紹介したような男心をくすぐるメッセージを送信してみましょう。

そうすれば、思わず彼も返信してくれるかもしれませんよ!

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)