人生山あり谷あり。

どんなときでも天空の星たちは、私たちを見守ってくれています。

そこで今回は、星座別に「今のあなたに必要なメッセージ」をお届けします。

辛いとき、悩みを解決するヒントが欲しいとき、天の声に耳を傾けることで、あなたに必要な気づきがもたらされるでしょう。

12星座別!「天が授ける」今のあなたに必要なメッセージ

おひつじ座(3/21~4/19)

……仲間やパートナーを大切に

自立心旺盛でソロ活動が好きなおひつじ座ですが、今年に入ってグループで動く機会が増えたのではありませんか?

じつはそれは、次のフェーズに入るための準備。

この1年で学んだチームワーク、築いた人脈が、この先訪れるやや波乱含みの運気をサポートしてくれるのです。

困ったときは、安心して力を借りて!

おうし座(4/20~5/20)

……振り回される立場から切り拓くターンへ

おうし座はガンコで、自分のペースを頑なに守ろうとする傾向があります。

しかしながら、今年は自分の意志とは無関係に、運命に翻弄されるような出来事が多かったかもしれません。

この先は自分自身が運命を切り拓く立場に立てます。

そのつもりでスタンバイしておきましょう。

ふたご座(5/21~6/21)

……勝負はこれから。この調子でGO!

明るく社交的ながら、目立つのはあまり好きではないふたご座。

このところはなにかと人前に駆り出されたり、スポットを浴びたりして、緊張したかもしれません。

驚くかもしれませんが、この先にはもっと大きなステージが待っています。

それは人生をランクアップさせるための最大のチャンス。

ここまでの経験&訓練を思い出して全力投球を。

かに座(6/22~7/2)

……後悔していることがあるならリベンジを。

元々メランコリックなところがあるかに座とはいえ、今年に入ってさらに過去を懐かしんだり、思い出したりする時間が増えたのでは?

それはやり直しを勧めるサイン。

さっそくリベンジに乗り出せば、この先訪れるビッグウェーブとリンクして、大成功を収められるでしょう。

しし座(7/23~8/22)

……自分に正直に生きよう!

しし座は今年に入り、パートナーシップについて悩むことが増えたでしょう。

それは文字通り、来るべき飛躍期のための土台作り。

信頼できる相方が見つかったなら安心だし、一人でもOKならそれもよし。

いずれにしても、自分の気持ちに嘘をつかず、正直に生きることが、今後の人生を切り拓くカギとなるはずです。

おとめ座(8/23~9/22)

……体をメンテナンスしてパワーをチャージ

デリケートで、健康オタクなところがあるおとめ座。

今年に入ってから、ますます自分の身体に意識が向かうようになったかもしれません。

それは昨年の疲れを癒やして、この先活躍するためのパワーを養うために星の用意したヒーリングタイム。

持病の治療はもちろん、仕事道具のメンテナンスなどもしておくと安心です。

てんびん座(9/23~10/23)

……心の底から愛せる人を待とう!

てんびん座にとって今年はモテ期。

今までにないぐらいたくさんのラブチャンスに恵まれたのではありませんか?

なのに、今だにフリーだとしても心配ありません。

なぜならこの先もしばらく人気が続くからです。

心の底から愛せる異性と出会えるまで、自分を安売りしないほうがいいでしょう。

さそり座(10/24~11/21)

……今を耐え抜けば自由な未来が!

ストレス発散はわりと上手なさそり座。

それでも今年はできないことだらけで、イライラやモヤモヤが溜まることが多かったかも。

でも、この先はかなり自由で楽しい毎日が待っている暗示。

辛いのは今だけと思って、乗り切ってください。

いて座(11/22~12/21)

……バリエ豊かに学んでおくと◎

いて座にとって、勉強はライフワークのひとつ。

この1年はいつも以上に興味や関心が広がり、新しいことを学び始めた人もいたはず。

それは成長している証。

この先は今年吸収した知識やスキルを使う場面が増えるでしょう。

広く浅くでもいろいろな分野をマスターしておくと、未来の可能性もグッとワイドに。

やぎ座(12/22~1/18)

……お金を知識やスキルにチェンジ!

コロナ禍で減収している星座も多い中、今年のやぎ座は手当がつく、収入倍増など、金運に恵まれることが多かったかもしれません。

それは昨年の頑張りに対する報い。

遠慮せずに受け取っていいのです。

むしろこの先はお金より情報やスキルが活きる星回りになるので、今のうちに切り替えをしっかりと。

みずがめ座(1/20~2/20)

……本番に向けてポジティブマインドをキープ!

12年に1度の幸運期と言われていたけれどいいことがなかった……。

そう思っているみずがめ座はいるかもしれません。

不調が続いているのはじつは、この先に本番が待つサイン。

クライマックスを盛り上げるための演出なのです。

だからこそ凹むことがあっても、つねに前向きでいて。

うお座(2/19~3/20)

……流れのままに生きてこそ幸せに

うお座のこの1年は、嬉しいこと、ショックな出来事が入れ替わりに起きる星回りでした。

運気が次々にアップデートされていく今は、それもしょうがないこと。

無理に逆らうより、うお座らしく上手に流れに乗ったほうが、最終的に結果オーライと出ることが多いでしょう。

天の導きを信じて

2020年に引き続き、2021年も大変な1年でしたね。

星座によって吉凶は違うでしょうが、それぞれに苦労したことも多かったはず。

でも、天の星はいつでもあなたに温かいエールを送ってくれていますよ。

心を開いてメッセージを受け取り、今後の糧にしてください。

(涼月くじら/占い師)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)