女子の口癖

男性には多少のヤキモチならかわいいけど、思わずドン引きする女性の嫉妬があるようです。

時には別れが頭をよぎるものもあるんだとか。

そこで今回は、男性が別れたくなった「彼女の嫉妬」をご紹介します。

いくら好きでも、こんな言動は少しやりすぎかもしれません。

マジでドン引き…男性が別れたくなった「彼女の嫉妬」とは

彼のスマホの指紋認証を自分の指で登録

「僕のスマホの指紋認証に、彼女の指紋も登録しろと言われたんですが……。『見られてやましいことがないならできるはず。私はやられても平気。浮気なんてしないから』って引くよ!なんの権利があると思ってるんだ」(24歳男性/商社)

「べつにスマホを見放題にしたいわけじゃない。でも、いつでも私に見られてもいいように誠実に過ごして……」そう思うのはわからなくはないし、確かに正論かもしれません。

正論かもしれませんが、彼女でも仮に妻でも、彼の気持ちに反して、それをする権利はないですよね。

無理に彼を縛ろうとすると、むしろ浮気心を刺激する可能性も……!

予定の共有を強制される

「彼女から、お互いの予定をカレンダーアプリで共有しようと言われました。『都合の悪いことは入力しなければいいか』と思いOKしましたが、予定のないところには勝手にデートの予定を入れられる。

『ここはちょっとダメだよ』というと『コソコソなにしてんの?』と言われる。実質、予定のすべてを報告しなくてはいけない流れに……。たちの悪い束縛だと思います」(27歳男性/商社)

勝手にスマホや手帳を見るわけではないけど、かなりプライバシーを侵害するのがこのやり方。

でも、言いたくないこと=隠し事=浮気、ではありません。

仲良くするためにアプリを入れるならいいけど、監視目的なのが見え見えになると、彼も反発するでしょう。

新しい服や小物にケチをつける

新しい服や小物にケチをつける

「僕がおしゃれするのは、浮気の証拠と思っている彼女。新しい服や小物を身に着けてると『なんでそんなにおしゃれなの?自分で買ったの?誰かにもらったんじゃないの』と言われる。

服の好みが変わることくらい、普通にありますよね?その言い方にドン引きしますよ」(28歳男性/飲食)

彼女のおしゃれを許さない、「モラハラ男」の逆バージョンな女性も存在します。

「彼がモテると浮気するから、かっこよくなるのを阻止したい」と本気で思っている場合と、「服の好みが変わるなんて、ほかの女の入れ知恵だ」という被害妄想をしている場合があるよう……。

どちらにしても、男性からすると「買い物くらい好きにさせろ」と思われることでしょう。

知人の女性をディスる

「彼女とのデート中、同期の女子に偶然会ったので立ち話をしました。その間、彼女は挨拶してくる同期をガン無視してインスタ……。

5分くらい話してたので『ごめん、お待たせ』って言ったら、不機嫌になりながら小声で『話なげえよあの女』って……。『自分以外の女は全部敵』って態度、ヤバいですよね」(30歳男性/IT)

彼の周りにいる女性すべてを敵とみなして、噛みつくタイプの女性にも男性はドン引き。

コソコソ会っていたならまだしも、彼女といるのに堂々と話しかけてくる女性が、浮気相手である可能性は低いです。

「異性はすべて恋愛対象」のような視野の狭さは、ほかの女性の有無にかかわらず、彼の気持ちを冷めさせるでしょう。

なんでも許されるわけではないよう

本命の彼女だとしても、彼にどんな横暴を働いてもいいわけではありません。

彼の気持ちを考えず、「彼女としての権利」を強く主張することは、かえって浮気の種になってしまうことも……。

もちろん、浮気はするほうが悪いですが、その原因を少しでも作らないようにすることも必要ですよ。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)