好きな人がいても、話すきっかけがないとなかなか距離を縮められないもの。

何か話す話題があれば……!と考えることもあるでしょう。

そんなときに使えるのが、かばんの中にある「持ちもの」です。

そこで今回は、持っていると「好きな人との距離が縮まる」アイテムをご紹介します!

話のきっかけに!持っていると「好きな人との距離が縮まる」アイテム

折りたたみ傘

「仕事帰りに急に雨が降って、傘を持っていなかったので困っていたら、同じ職場の女性が折りたたみ傘を持っていて。
駅まで入れくれました。これを機によく話すようになりましたね」(29歳男性/保険)

急な雨に備えて折りたたみ傘を持っている人は少ないでしょう。

突然、雨に降られたときは、途中まででも入れてもらえると本当に助かります。一緒の傘に入れば、一気に親近感もわくのではないでしょうか。

一緒に入らずとも、場合によっては傘を貸してあげられるかも。返してもらうときに、お礼とともにお誘いがあったりなかったり……?

雨が降りそうな日は、バッグに忍ばせておくといいでしょう。

タブレット

「職場のメンバーでランチに行ったとき、料理にニンニクが入っていて息が気になったんですよね。

そしたら、後輩の子が『いりますか?』ってタブレットを差し出してくれて。気の利く子だなと思いました」(27歳男性/不動産)

口臭予防はエチケットのひとつ。

普段は問題なくても、食事後は気になってしまう場合もあります。

そういうときにサッと差し出せると、気遣いのできる印象を与えるでしょう。

相手に声を掛けやすくもなるので、持っていて損はないと思いますよ。

趣味の本

「電車で、向かいの席に座っている女性が本を読んでいて、それがスポーツ選手の自伝だったんです。
僕はその選手の大ファンなので、話しかけたくて仕方なかったです」(30歳男性/通信)

共通の趣味があると分かれば、話したくなりませんか?

もちろん話も盛り上がるので、一気に距離も近付くことでしょう。

また、本を読んでいるというのはどこか知的なイメージにつながり好印象になるかも。

何か1冊持っておくといいかもしれませんね。

お菓子

「仕事で疲れたなって思ってたときに、女性社員の子がスッとお菓子を持ってきてくれたんです。その気遣いができることに感動しました」(25歳男性/飲食)

小分けになっているお菓子なら、気軽に渡しやすいでしょう。

また、疲れているときの糖分補給や小腹がすいたときに、お菓子はちょうどいいですよね。

渡したときに、好きなお菓子の話題などで盛り上がるかも?

身近なもので話のきっかけをつかんで

どれもそれほどかさばらず、バッグに入りやすいものです。

持っておけば、かなりチャンスは広がるはず。

こういったささやかな努力が、のちに必ず実を結ぶのです!

(大木アンヌ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)