好きな人からLINEの返信が来ると嬉しいですよね。

「即レスは脈ありサイン」なんて説もありますが、じつは返信が早いのに脈なしということもあるみたい。

そこで今回は、LINEを「即レス」する男性の本音をご紹介します。

脈なし?脈あり?LINEを「即レス」する男性の本音

優柔不断で八方美人

「皆に好かれたい」という八方美人なタイプの男性は、好意に関係なく明るいメッセージを即レスします。

一見「反応がいいから脈ありかも」と思えるのですが、相手は全然意識してなくて見事に脈なし……という展開もあり得るのです。

この優柔不断で「いい人」に見られたい男性は、顔文字・絵文字・スタンプの装飾が多すぎたり、テンションが高すぎる傾向があります。

「盛り上げないと」「愛想よく振る舞わないと」という気持ちが根本にあるため、シリアスな雰囲気が苦手で無理してでもテンションを上げるのです。

スマホ依存症

四六時中スマホを触っているタイプの男性は、暇つぶしに即レスします。

女性への関心が高いのではなく、スマホに依存しすぎて手持無沙汰を返信することで埋めているのです。

スマホに依存気味の男性は、「マジか」「なるほどね~」など汎用性の高いリアクションで適当に返す傾向があるでしょう。

あまり考えておらず、とりあえず盛り上がりそうな言葉を送っているのです。

話題を続けることはできますが、「なんだか軽いな」「適当な感じがするな」と感じたら、このタイプに当てはまっていないか考えましょう。

メッセージが溜まるのが嫌

来た連絡にはすぐ返信したい性格の人もいます。

その理由を聞くと、「メッセージが〇〇件」と表示されることがストレスなのだとか……!

また、このタイプの男性は早めに話題を切り上げようとする傾向があります。

デートの約束を取り付けてくれるなら脈あり、仲良くなるつもりがなさそうなら脈なし、と考えるとわかりやすいかもしれません。

話題が楽しい

メッセージを送っている女性への興味ではなく、話題への興味で即レスしているのです。

しかし、諦めるのはまだ早いかもしれません。これから恋愛に発展する可能性はあります。

共通の話題で盛り上がりつつ「気が合う」「共通点が多い」などの意識を共有できれば、「付き合ったら楽しそう」と想像しやすくなるはず。

今はまだタイミングが来てないだけで、無駄なやり取りとは限らないのです。楽しいメッセージを重ねながら、じっくりと恋愛感情を育てていきましょう。

さまざまな視点から脈ありを判断して

メッセージの内容や会ったときの言動など、さまざまなところに人の好意は滲み出ます。

「即レスしてくれるけど好きなのかな?」と疑問が湧いたら、いろいろな視点から脈ありを判断してみましょう。

複数の項目から「脈ありっぽい」と分かると少しだけ安心して、前向きに恋愛できるようになりますよ!

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)