毎日の積み重ねや経験ももちろん大事ですが、ときには運も関わってくるのが仕事。

仕事を成功させたいと思うなら、仕事運を持っていて悪いことはありません。

そこで今回は、12星座別に仕事運をアップさせる方法をご紹介。

ぜひこちらの記事を、仕事に活かしてみてくださいね!

前編に引き続き、後編では、てんびん座(9/24~10/23)~うお座(2/19~3/20)をご紹介します。

【後編】12星座別!仕事運をアップさせるには?

てんびん座(9/24~10/23)

柔らかい雰囲気を生まれつき持っており、一見目立たないように見えても存在感を放つでしょう。

自身が安定しているときは、周囲を和ませるムード作りが得意ですが、心に悩みや心配事があるとそれもうまくいきません。

どんな境遇であっても、自分の未来に明るいイメージを持つことを忘れずにいましょう。

さそり座(10/24~11/22)

自分が前に出てなにかをしようとすることは少ないかもしれません。

どちらかというと、人を立てたり繋げたりと裏で人間関係を操る方が性にあっています。

しかし、自身をアピールするきっかけを失わせている場面も。

周囲をコーディネートしつつ自己アピールもできれば、仕事運を味方につけることができるでしょう。

いて座(11/23~12/21)

女性としてのカンのよさと、パワフルさを兼ね備えており、仕事に対する積極性はかなりのもの。

不可能と思われるようなことでも、根性と仲間の協力で成し遂げてしまうでしょう。

ただ、家庭や恋人との関係など、他の誰かの犠牲の上に成り立つ成果も少なくないでしょう。

だからこそ、感謝の言葉を意識することが運を上げるうえでも大切です。

やぎ座(12/22~1/20)

自分を律して、きちんとルールに則って働くことを好むようです。

確かに生き方は安定感があり、ほころびがないかもしれません。

仕事にもそれは反映されていることでしょう。しかし、人の感情を動かすためには、熱い気持ちや人情も欠かせないもの。

ときには少し冒険をしてみたり、合理的でない行動を選択してみると運気を高めます。

みずがめ座(1/21~2/18)

【後編】12星座別!仕事運をアップさせるには?

直感力や先見の明はかなりの鋭さを持っています。

なにがウケてなにがウケないのか、それを嗅ぎ分ける嗅覚に優れているのです。

しかし、それが不調の時もあるでしょう。その際は、その才能をさらに活かす方法があります。

それは世間が求めているものの先をイメージすることです。データだけではなく、想像力を働かせれば仕事運もUPしそう。

うお座(2/19~3/20)

想像力や夢見るピュアな思想の持ち主。

大抵の人は成長するにつれ、どんどん頭でものを考えるようになり、いつの間にか子供の心を忘れてしまいます。

しかし、感性や感覚でものごとを捉えるため、その純な気持ちが失われないのです。

ただ、それは不安定でコントロールしにくいもの。

常に新しいことに挑戦すれば運気も高まります。

運気は巡り巡る

全ての運気はどこかで繋がっていて、やはり仕事がうまくいっていると他の人間関係もうまくいくことが多いもの。

なんだか最近運がないと感じるときは、まずは仕事運から上げていきましょう。

それに伴って、他の運気も上がるはずですよ。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)