「忙しいから」とデートを断られると、会えなくても仕方ない……と納得する女性もいるでしょう。

でも彼に、「忙しいからこそ、会いたい」と思われれば、彼ともっとデートを重ねることができるはず。

そこで今回は、「早く会いたいと思う女性」について男性に聞いてみました。

忙しくても!男性が「早く会いたい」と思う女性って?

目の前のデートに集中してくれる

「デートのとき無意味にスマホばかり見たり、職場の人のグチばかりだと、正直うんざりしちゃう。
逆に、思いっきり楽しんでもらえると『頑張って時間を捻出してよかった』って思いますね」(30歳男性/制作)

いつも忙しい日々を送る男性は、自由に使える時間も限られます。

そして「限られた時間は楽しいことに使いたい」と考える男性も多いもの。

だからこそ、一緒にいて楽しい気持ちになれる女性を、デートに誘うのでしょう。

男性にそう思ってもらえる女性は、自分自身がデートを楽しんでいる女性が多いです。

なぜなら、心から楽しんでいる様子は、表情や言動に表れますから。

お互いにデートを楽しめるように、2人なりの工夫を凝らしてみてくださいね。

笑顔でいてくれる

「やっぱり一緒にいるとき常に怒ってる子より、笑ってる子に会いたいと思いますね。
そのほうが癒やされるし、またデートに誘いたくなる」(25歳男性/営業)

女性の笑顔に癒やされる!という意見は、思った以上に多かったです。

笑顔そのものに癒やされるという男性もいれば、機嫌がよいことが伝わりホッとするという男性もいるよう。

とはいえ、久しぶりのデートとなると、肩に力が入る女性もいるでしょう。

そんなときは、思ったことを素直に彼に伝えるのがオススメ。

たとえば、美味しいレストランへ行ったら「ここ美味しいね!」「また来よう?」など。

こんなふうにポジティブな内容なら、彼にたくさん伝えて行きましょう♡

会えない時間のことを話してくれる

「彼女は、久しぶりにデートすると『○○行ってきた!』『○○が楽しかったの』と、会えない時間の楽しかったことを、たくさん話してくれるんです。
会えないからって、毎日をメソメソなにもせず過ごしている子より、俺はこういう子のほうが好き」(27歳男性/営業)

好きな女性が、会えない時間になにをしていたかは、男性も気になるもの。

そんなときに、毎日泣いて過ごしていたと伝えるよりも、充実した日々についてアレコレ話すほうが◎。

もちろん、寂しかった気持ちを伝えるのはNGではありませんが、度が過ぎると「重い」と思われかねません。

会えない時間に、彼がワクワクするような出来事をたくさん体験しておく、というのも一つの手ですよ。

彼を責めるより…

彼が忙しく、なかなか会えないからと「寂しい」「どうして?」と、彼に罪悪感を抱かせたり、責め立てるのはオススメしません。

なぜなら、そういったネガティブな感情をぶつけられると、その女性と会うこと自体が「浸かれる」要因になりかねないから。

それよりは、今回ご紹介したポイントを押さえて「忙しいときこそ会いたい!」と思ってもらうほうがいいでしょう♡

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)