いくらファッションやメイクに気をつかっても、たった一言やちょっとした行動で恋が終わってしまうことがあります。

今回は、20代後半~30代前半の男性に、「育ちが悪そうに見える女性のクセ」について聞いてみました。

意外と男性は、細かいところまで見ているようですよ。

育ちが悪そうに見える女性のクセって?

お礼が言えない

「ちょっといいな、と思っていた女の子がいたんだけど。その子がとにかく、お礼が言えない。いくら食事をおごってもプレゼントもあげても『ありがとう』の一言もなく、さも当然です!みたいな態度。

見た目がかわいいから、こういうことに慣れてるのかもしれないけど、『この子、どういう育ち方してきたんだろう』と思っちゃいましたね。当然、その後の進展はなし!」(30歳男性/エンジニア)

人として、誰かになにかをしてもらったら「ありがとう」という感謝の気持ちを言葉にできないのは、男性にも同性にも「育ちが悪そう」と思われてしまいます。

もし、面と向かって口に出すのが恥ずかしかったり、タイミングを逃してしまったりした場合は、LINEや手紙で伝えましょう。

コーヒーやお菓子など、ちょっとしたプレゼントを「お礼です」と渡すと、好感度がアップしますよ。

名称に「お」をつけない

「会社の後輩の言葉使いが気になります。給料日前になると『金がない!』、昼食時に『やべ!弁当持ってきたのに、箸忘れた!』とか。

心のなかで『お金』『お箸』って言った方がいいのにな~って思ってます。僕のなかで、その子は超ガサツな印象ですね」(27歳男性/メーカー)

たとえば「仕事頑張って」よりも、「お仕事頑張って」の方が上品なイメージですよね?

他にも「お化粧」「お料理」「お薬」など……。言葉に「お」を付けるだけで、ずいぶんと印象が良くなります。

なんでも丁寧に言いすぎることはないですが、意識してみるといいかもしれません。

会釈ができない

「隣の部署に、とにかく挨拶ができない女子がいる。廊下ですれちがっても、エレベーターで一緒になっても、会釈すらしない。社内でもうわさになっていますね」(32歳男性/商社)

たとえ見ず知らずの人であっても、職場内やマンション内で会えば、軽い会釈程度はするものです。

これは「大人としての常識」ですよね。

しっかり挨拶をするだけで、男性から「感じの良い女性だな」と思ってもらえるはずですよ。

靴をそろえない

「彼女の誕生日に、ちょっとお高い和食屋さんに行ったときの話。座敷に上がるときに、彼女、靴を脱ぎ散らかしてそろえないの。明らかに彼女より年下の女の子がその靴をそろえているのを見て、なんだか一気に冷めちゃった……」(28歳男性/公務員)

男性は、女性が「靴をそろえるかどうか」という点に結構注目しています。

靴がそろえられる女性は「育ちがいいな」と好感を持たれる反面、靴をそろえない女性に対しては「ガサツだな」という印象を抱いてしまうことも。

ほんの数秒気をつかうだけで、「素敵だな」と思われちゃうなんて、ラッキーだと思いませんか?

いつもの行動に気をつけて!

無意識の行動で、男性にいつの間にか「育ちが悪い」と思われてしまうことがあります。

常に「見られている」と思って、言葉遣いや行いを丁寧にしてみましょう。

ほんの少し気をつけるだけで、「育ちが悪いな」を「育ちがいいな」に変えることもできるのです。

(愛カツ編集部)