釣った魚にエサをやらないタイプの男性と付き合うと、付き合い始めた途端にドライになることも少なくありません。

そうした男性と付き合っていると、寂しさや不満が募るのではないでしょうか。

そこで今回は、彼女を「溺愛する」男性の特徴をご紹介します。

幸せになれる♡彼女を「溺愛する」男性の特徴って?

寂しがり屋

寂しがり屋で甘えんぼうのタイプの男性は、一回恋愛をするとハマりやすいので、付き合うと彼女にべったりで溺愛しやすいでしょう。

ちょっと重く感じることもあるかもしれませんが、連絡もマメでスキンシップも多いので、付き合えば寂しさや虚しさとは無縁になるはず。

ただ、寂しがりやで甘えん坊な男性のなかには、メンタルが不安定になりやすい人、わがままな人もいるので、見極めが必要になります。

感受性が強い

感受性が強くやさしいタイプの男性は、彼女のことを粗末に扱うことはあまりないでしょう。

自分の意思を強く通すことができないので、彼女を優先することが多いのです。

「あなたの話によく共感するかどうか」や「小さなことでも感動するどうか」などで、感受性が強くやさしい男性は見極められるはずです。

また、第三者にも親切丁寧なら心がやさしい証拠。

こういうタイプの男性は、恋愛をすると愛情深く彼女を溺愛することが多いので、お付き合いも長続きしやすいでしょう。

ペットにやさしい

もし男性がペットを飼っているのなら、どのようにかわいがっているのか話を聞いてみたり、ペットとの接し方を見てみたりしましょう。

ペットをとてもかわいがり、よく面倒を見ているタイプの男性なら、彼女のことも溺愛する可能性が高いです。

ペットを飼っているとしても、世話は家族の人に任せっきり、スキンシップが少ないようなら要注意。

男性にペットがあまり懐いていないようなら、彼女を溺愛する可能性は低くなるかもしれません。

ちょっと嫉妬深い

独占欲が強く少し嫉妬深いタイプも、他の男性にとられたくないと思うので、彼女を溺愛しやすいでしょう。

とはいえ、男性の「独占欲の強さ」や「嫉妬深さ」は、付き合う前にはあまりわからないポイントですよね。

もし負けず嫌いとか、ひとつのことにこだわるタイプの男性なら、恋愛をしたときの独占欲は強めだと考えられます。

付き合うと重くなりやすいタイプですが、寂しがり屋な女性や密着度の高い恋愛を希望する女性とは相性がいいかもしれません。

溺愛してくれる相手を見極めて

せっかく付き合うのなら、溺愛されたいですよね。

強くそう思うなら、付き合う相手を「彼女を溺愛しやすいタイプ」の男性から選んでみるのはいかがでしょうか。

今回ご紹介した内容を参考に、ずっとあなたを愛してくれるステキな男性を見つけてくださいね。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)