浮気はもちろんする方が悪いですが、中にはそれでも「原因が自分にあったのではないか」と思う女性もいるでしょう。

そこで、過去に探偵をしていた経験を生かして、その際感じた「浮気されてしまう女性」の特徴をご紹介。

実際に浮気された女性にはどんな共通点があったのか。

早速チェックしましょう!

探偵が明かす「ちゃんとしてるのに浮気されてしまう」女性には特徴があった!

「好き」のバランスが崩れていた

お互いの「好き」のバランスが崩れてどちらかだけが強くなってしまうと、関係は壊れやすいです。

理想は彼と自分の好きの割合が5:5であることです。

しかし、どちらかの思いが強まりすぎたり、弱まりすぎたりするのは、自然な心の動きなのでどうしようもありません。

大事なのは、その心の動きに振り回されて態度まで変えないこと。

彼のことが大好きだと思える時期も、最近ちょっと冷めてるなと思う時期も両方あるのが当たり前なので、それに心を乱されないようにしましょう。

彼を男性として見なくなっていた

浮気された女性に「彼のことを男性として意識していましたか?」と聞くと、ハッとした顔をされる人が多いのです。

はじめに冷めた態度で不安にさせているのは、じつは女性の方かもしれません。

人間としての好きの方が大きくなり、彼に男性としての魅力を感じなくなっているのなら、その気持ちは彼にもバレてしまっているかも……

ちゃんと異性として彼のことを好きでいるかな?と自分の気持ちを確認してみることは大事ですよ。

自分に厳しく、他人にも厳しい

社会人としてしっかり常識があるような人の方がそうでない人よりも、彼氏に浮気されて悩んでいる人が多い傾向にあります。

それは、自分に厳しく他人にも厳しいので、彼がなにかしてくれたことがあったとしても評価が厳しくなり、なかなか褒められない、素直に喜べないということが大きいよう。

たとえば、お皿を洗ってくれたとしてもキレイに洗えていない、水はねを拭いていない、洗剤を使いすぎなど「できていない部分」ばかり目についてしまうのです。

それが続くと、彼も「俺じゃこの子を幸せにできないな」と感じ、もっと単純に喜んでくれる女性や、すぐに褒めてくれる女性に気持ちが向いてしまうことが浮気につながります。

自分を見つめ直して

浮気されやすい女性の特徴の中には、意外なものも多かったのではないでしょうか?

相手の態度ばかりに注目するのではなく、自分の気持ちや行動を振り返ることも、浮気されるのを防ぐのには有効です。

この機会に一度自分を見つめ直してみてくださいね!

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)