LINEを交換しても、連絡を取り合わずにそのままになってしまう場合もあるでしょう。

しかしできれば、LINEを足掛かりに彼との関係を進展させたいもの。

そこで今回は、男性が「思わず返信したくなるLINE」の特徴をご紹介します!

思わず即レス!男性が「返信したくなるLINE」とは?

「寂しい」

「寂しい」「会いたい」というやり取りって、カップル間で行われる印象があるでしょう。

しかし、付き合う前にも意外とアリなメッセージです。

こんなLINEをもらった男性は、思わずその相手と付き合ったケースを想像するはず。

その気になった男性は、思わず「大丈夫?」「俺がついてるよ」なんて頼りになる言葉をかけてくれるでしょう。

「LINEはいつでもOKだよ!」

気になる彼からなかなかLINEが来ないとき、「いまLINEしても大丈夫かな?」と考えあぐねている男性もいます。

もし変なタイミングでLINEを送ったら、既読スルーされちゃうかも……と不安を感じる男性もいるよう。

そのため彼がアレコレ不安を抱える前に、「LINEはいつでもOKだよ!」と一言伝えておくのがオススメ。

「メッセージ待ってるね!」「楽しみー」なんて一言添えれば、彼もメッセージを送りやすくなるでしょう。

「この間の○○だけどさ」

気になる男性と距離を縮める方法として、秘密を共有するというのは一つの手。

そのため、実際の会話で「あとはLINEで話すね」と結末を取っておきましょう。

そして数日後「この間の○○だけどさ」と急に話を始めるのです。

これはLINEをするきっかけにもなりますし、話の結末が気になった男性が「あの子からのLINEまだかな」なんて心待ちにしてくれることもあるでしょう。

しびれを切らした彼が、「あの話の続き教えてよ」と自分からメッセージを送ってくれるかもしれませんよ。

「デート誘ってくれないんですか?」

LINEで2人の距離が縮まってきたら、「デート誘ってくれないんですか?」なんて彼を刺激してみるのもアリ。

ちょっぴり上級な手ですが、直接会ったときに言葉にできなくても、LINEなら意外と言えちゃうもの。

「この子もデートに行きたいのか」と安心した彼が、勢いでデートに誘ってくれるかもしれませんよ。

直接言えなくてもOK

今回ご紹介した内容のなかには、少し大胆なものもあったかもしれません。

しかし直接顔が見えないLINEだからこそ、できることもあるでしょう。

ちょとしたワードを混ぜ込んで、彼との関係をグッと深めていきましょうね!

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)