なぜかいつも、都合のいい女になってしまう……。

そんな悩みを抱える女性は、少なくありません。

そこで今回は、「都合のいい女」の特徴から、打開策をご紹介します。

いつもセカンド…「都合のいい女」の特徴とは?

なんでも簡単にOKしがち

男性から、都合のいい相手にされがちなのは、なんでも簡単にOKしてしまう女性。

たとえば彼のワガママを受け入れたり、無理なお願いを聞き入れたり。

それはきっと、彼に嫌われたくないという心理があるのでしょう。

ただ不満の一つも逃さずにOKしすぎると、男性もやってもらえるのが当たり前になってしまうようです。

そのため、なんでもOKしないと彼がイライラし、また女性側が要求を飲み続ける、という負のスパイラルが出来あがってしまうことも。

そのため、その女性にとって本当に無理なお願いは、早いうちからNGを出しておくのが吉です。

尽くしがち

尽くしてくれる女性に対しては、好印象を抱く男性も少なくありません。

ただ、彼がその環境に慣れてしまう、というのが問題なのです。

たとえば、彼が1人でできることまで手を出すことで、面倒ごとをすべてその女性に投げるようになることもあります。

そうなると、だんだん彼からの扱いが雑になってくることも……。

「尽くす=愛情の大きさ」と脳内変換されている女性は、深みにハマりやすいので要注意ですよ。

ダメ男を好きになりがち

都合のいい相手にされがちな女性は、そもそも無意識にダメ男に恋しがちなのかもしれません。

たしかに口のうまい男性もいますから、ほかの男性より魅力的に映ることもあるでしょう。

だからこそ付き合う前に、目の前の男性を冷静にチェックする必要があります。

周りへの接し方や、言葉に行動がともなっているかなど、細かく見極めていきましょう。

そして、もし付き合ってから彼のヤバさを発見したら、ハマる前に抜け出す勇気も大事ですよ。

主導権を100%相手に握らせる

頼もしくて、リードしてくれる男性に恋をする女性も多いでしょう。

ただ、あまりにも彼にすべての主導権を持たせ続けるのは危険です。

なぜなら、すべてが相手の希望通りに進んでいくため、女性側から口を出しづらくなっていくため。

たまには、「○○してみたいな」「○○が食べたい」と自分の意見を相手に伝えてみたほうが◎。

それが難しくても、決断ごとに際したとき、彼と話し合って決めるというのを大事にしてみましょう。

それだけで、2人の関係にいい変化をもたらすことができるはずです。

本命から遠ざかるかも…

ほかの女性より彼と仲良しでも、都合のいい女認定されると、一気に本命から遠ざかることもあります。

現状、気になる彼と対等な関係かどうか、見極めてみるのも大事でしょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)