「美人がモテる」のは事実でも、「モテる人は美人」も成り立つとは限りません。

顔の造形という、努力ではどうしようもないところにこだわるあまり、他の大事なところをおろそかにして、モテるチャンスを棒に振っている人も多いのです。

今すぐ、「モテる人は美人」という思い込みを捨て、やれば変えられるところに焦点を当てましょう。

いい女はラフさが大事!美人じゃなくてもモテる女性の特徴

清潔感があって女性らしい

美人じゃないけどモテる女性は、自分に似合うファッションやメイクをしています。

無理に頑張っている感じがないのに、洗練されている印象を与えるもの。

そして何より大切なのが清潔感。

「美は細部に宿る」という言葉通り、爪や髪など細かいところのケアを念入りにしましょう。

ちょうどいい距離感

男性が「付き合いたい」と思うのは、高嶺の花よりも「頑張れば手に入りそう」な女性です。

好きな芸能人や憧れの的がいたとしても、現実世界は別。恋愛に進展するかどうかは「親しみ」や「隙」が決め手です。

「アプローチしたらOKしてくれそう」「自分を受け入れてくれそう」な人に、無意識に惹かれるのです。

美人じゃないけどモテる女性は、「笑顔」「ポジティブ」「甘え上手」などの愛嬌がある人ばかり。

彼が一緒にいて「楽しい」「安心する」と感じる言動を増やしましょう。

なにを言っても受け入れてくれる

無条件で受け入れてくれる人と恋愛したい人は多いです。

相手の機嫌をうかがったり、幻滅されないように言葉を選んだりするのは骨が折れるもの。

過去に恋愛で苦労した経験がある人ほど、「なにを言っても受け入れてくれる女性」に魅力を感じます。

受け入れるといっても、全てに共感する必要はなく、「そうなんだ」「〇〇君はこう感じるんだね」など、相手に寄り添えればOK。

気配りができる

心の綺麗な人には誰でも惹かれるもの。

忙しい中、デートに来てくれた彼には、「仕事で忙しいのに、来てくれてありがとう」など。

自分目線だけでなく、常に相手の状況を考えられる言動には男性も安心を覚えるでしょう。

どんなに美人な女性でも、思いやりや想像力がない人とはやっていけません。

過剰に気を使ったり媚びたりする必要はありませんし、やりすぎるのもただのおせっかい。さりげない親切を心がけましょう。

「いい女」には余裕が大切

程よく力の抜けた、洗練された女性であれば、顔の造形なんて些細な問題。

これからの時代は、恋愛も人間力で勝負!

適度なラフさで人付き合いができる余裕のある女性を目指しましょう!

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)