気になる彼とのLINEって、うれしさや緊張などで頭がいっぱいになるでしょう。

ただ、そんな思いは空回りして、一気に脈なしに降格してしまうこともあるようです。

そこで今回は、男性が「返信に困るLINE」をご紹介します。

脈なしに降格…男性が「返信に困るLINE」とは?

ずっとかしこまっている

「なんかずっと硬い様子でやり取りをされると、全然仲良くなれる気がしない。ものすごく他人行儀な感じがしちゃいます」(27歳男性/IT)

好きな男性とLINE……。

考えただけでも緊張してしまうかもしれません。

しかし、ずっと硬くよそよそしい態度でいたら、きっと会話も弾まないでしょう。

彼とのLINEに慣れてきたら、多少は砕けた一面も見せていきたいものですね。

返信しづらいタイミング

「僕の状況をまったく考えずに、夜中とかにどうでもいい内容のLINEが送られてくるのは無理……。ついイラッと来ることもある」(31歳男性/不動産)

LINEを送る際に、相手の状況を考えることはとても大切です。

たとえば、忙しい時間や繁忙期にLINEが来れば、彼もなかなか返信できないもの。

もし女性からのLINEが毎回そんなタイミングなら、関わりたいという気持ちも減退してしまうでしょう。

LINEで彼と接点を持つのも大事ですが、彼がいまどんな状況にあるのかにも気を配りましょう。

温度差がありすぎる

温度差がありすぎる

「こっちが疲れてるときとかに、相手からテンション高めのLINEが来ると正直しんどい……。
温度差感じて、冷めちゃうんだよね」(30歳男性/金融関係)

お互いにLINEを楽しむには、会話の温度差をなるべく作らないのがポイント。

たとえば一方だけが盛り上がっていたり、逆にノリが悪かったり……。

できるだけ、彼のテンションに合わせるのが大事かもしれませんね。

いきなり責めすぎる

「いきなり『好き全開!』って感じでLINEされると、すぐには気持ちに答えられないからプレッシャーになる……。
好意を持ってくれているってのは、うれしいんだけどね」(31歳男性/インストラクター)

「好き」という気持ちを彼に見せるのはOK。

しかし、いきなり好意をすべて見せてしまうと、返信に困る男性もいるのだとか。

はじめは「付き合いたい」よりも、「仲良くなりたい」という気持ちから段階を踏むのがベター。

焦りすぎると、せっかくのチャンスをふいにしてしまう場合もありますからね。

まずは、じっくり彼のことを知っていきましょう。

お互いに楽しいLINEを!

気になる彼とのLINEを楽しめているのは素敵なことです。

しかし、楽しいのが女性側ばかり……という場合は考えもの。

LINEは、相手がいてこそ成り立つコミュニケーションですからね。

今回ご紹介した内容を押さえて、LINEで気になる彼ともっと仲良くなっていきましょう!

(山田周平/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)